日々萌々

乙女ゲームとお酒と日常と。
MENU

スポンサーサイト

Posted by 美優 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いの丈をはき出してみました。

Posted by 美優 on   20  0

「AMNESIA トーマ感想。」の記事に拍手×1
「AMNESIA ケント攻略。」の記事に拍手×1
「AMNESIA イッキ攻略。」の記事に拍手×1
「ラッキードッグ1 フルコンプしました。」の記事に拍手×1
「ただいま迷走中。」の記事に拍手×19を頂きました。
たくさんの拍手どうもありがとうございました。
コメントもたくさんありがとうございました。
更新の励みになってます。

さて、今日は今の思いのたけを記事にぶつけようと思います。
相変わらず私の思いは錯綜しているわけで、
なぜ錯綜しているのか自分自身の気持ちの整理のためにも
辛口の意見やマイナスの意見をいろいろ書かせて頂きます。

でも本音は楽しくゲームしたいだけなんですよね!
頭でっかちでゲームしたって何も楽しくないのに。
ただ目の前の文章とキャラとキャッキャウフフしたいだけなんですよ。
それがどうしてこうもうまくいかないのか。
私が今乙女ゲーに食指が動かないのかを考えてみました。

書いたら書いたですっきりしました!やっぱり昇華って大事!
そして改めて私がオトメイト好きなんだと言うことが露呈されました。

そんな訳で一応たたむので興味のある方だけどうぞー。
今回は特にアムネシアのことをボロクソ言っているので
アムネシアがお好きな方は見ないことをオススメしますし、
自己判断でお願い致します。

これは私が前から思っていたことで私のブログを読んで下さる方は
どんな「乙女ゲー」なら及第点がだせますか?

好きな声優さんがでてればいい?
キャラ萌えできればいい?
ある程度シナリオに整合性があればいい?

人によってどこで及第点がでるかでないかは違うのは百も承知なんですが、
それをどうこう言う訳ではなく、自分を含め、
「乙女ゲー」に対するハードルってものすごく低い気がします。

言ってみれば「乙女ゲーなんてこんなもんだろう」と思ってプレイしていることありませんか?
(なかったら軽ーく読み流してください。
こんなこと思わない方が楽しくプレイできてる証拠ですから!)

そう思ったのは「それなりに楽しめた」とか、
「私は楽しめなかったけど楽しめる人には楽しめるゲーム」という感想を
よく見かけることです。
私もよく使うんですけどね、果たしてそれでいいのかなと思ったりする訳です。

最近はプレイヤーの年齢層の幅が広がったことや、
乙女ゲーが多く発売されていることや、
色々なメーカさんが乙女ゲーに参入されたことにより、プレイヤーの多様化を感じます。

個人的にはプレイヤーが増えて、
乙女ゲー市場からもっと大きくなればいいと思っています。
けれども「乙女ゲーなんてこんなもんだろう」なんてプレイヤーが思っていて
果たして市場が大きくなるのかと思います。

というのもずっと乙女ゲーをプレイしてると
「あぁ、またこの展開か」と思ってしまうことがあるんですよね。
この良い例がオトメイトさんの「敵がいて戦う」シナリオ。
私の場合、最初にプレイした緋色の欠片、2作目の薄桜鬼まではよかったのですが
その後猛獣使いと王子様、S.Y.K、マスケティアなど
またこのパターンか・・・とため息を出さずにはいられません。

それでも同じようなシナリオでキャラが違うというだけでキャラ萌えはできる訳です。
あくまで主人公とキャラの恋愛がメインなので
キャラが好きだとプレイヤーが思えればそれもいいのかもしれません。

実際私もシナリオに辟易しながらもキャラ萌えで面白いな-!と思うことがあります。

ただしシナリオについては目をつぶって。

ぶっちゃければ、お金だしてゲーム買って、
目をつぶって面白いと思ってる自分が非常に滑稽だと思います。

もちろんメーカーさんの努力がないとは思いません。
1つのゲームを作るのにどれだけの労力とお金がかかっているかと考えれば、
1つ1つのゲームが発売されることにプレイヤーとして感謝の意を持たずにはいられません。

そして売れるためならば、同じ展開も致し方ないのもわかります。
乙女ゲーでなくとも漫画で言えば主人公が試合に勝っていくという流れの「スポ根」ものは
どんなものでもある程度面白いですし。

けれども同じメーカーが同じようなパターンのゲームを作るというのは
いかがなものかと私は言いたいのです。
これまた漫画に例えれば、
とある雑誌の新作が毎回「スポ根」ものだと考えれば分かりやすいかと。

と、ここまでオトメイトさん叩きばっかりしていますが、
私のブログを前から読んで下さっている方はご存じの通り、私オトメイトさんが好きなんです。
巷でなんと言われようと、自分がオトメイトさんのゲームで乙女ゲーに戻ったのもありますし、
私の好きな作品のいくつかはオトメイトさんから発売されていますし、
1番思い入れがあるメーカーさんです。

決して同じものばかり出している訳ではないということも十分承知ですし、
好きだからこそオトメイトさんに対する期待が他のメーカーさんよりも高いのです。

だからこそ今回のアムネシアも非常に期待していまして。
けれどもフタをあけてみれば、
敵とたたかうシナリオじゃない代わりにどこかで見たようなシナリオ、設定。
え、これ一般ゲーで見た設定と同じなんだけど・・・と驚愕とし、
え、これあの作品と似てるよね・・・と愕然とした訳であります。
1番期待していた作品がいつもと同じようなシナリオうんぬん以前に
需要がありそうなキャラ設定やシナリオを混ぜ合わせて作ったようなゲームだったからです。

商売なんだから売れるために需要があるキャラ設定や
シナリオにするのは構わないのですが、
それがあまりにも顕著にあらわれていて、
いくら目をつぶれる私でも目がつぶれなかったのが本音です。

そしてこれもぶっちゃけるとプレイヤーをなめてんのかと言いたいのです。

これからもこんな風にただ売れればいいようなゲームを作られると思うと
私は怒りを通り越して悲しいのです、
こんなことが続いていったら今はよくてもプレイヤーは離れていくと思わずにはいられません。
というのも私自身、目をつぶって目をつぶってきた結果が今の私の感情だからです。

少なくとも今のままではプレイヤーの入り繰りが行われるだけで
市場としての発展はないんではないかと思ってしまいます。

乙女ゲーが大好きなのにこんな風に考えてしまう自分に嫌気がさしますし、
プレイヤーに甘んじたメーカー側に憤りを感じますし、
乙女ゲーを純粋に楽しむには今は諦めしかないのかと思うと残念です。

と、まぁぐだぐだ駄々っ子のようにはき出してみましたが、言いたいことは

乙女ゲーの未来に期待したい想いと共に
乙女ゲー業界にもっと頑張って貰いたい!


ってことでしょうか。

だからどうかメーカー様には売れればそれでオッケーのような
子供だましのようなゲームだけはやめてほしいと思っているのですよ。
現実に戻っちゃうから。

ふと気付くと怒りしか残らないゲームなんて嫌なんです。
面白かったものを面白かったと言えるような
頭じゃなく心で感じるゲームを作って欲しいんです。
ゲームが終わって、やっぱり乙女ゲーって面白いなって思わせて欲しいのです。

そしてここまで真面目に書いてきてなんですが、
ぶっちゃけ制作者側の心意気を感じれる作品だったらなんでも良いです。
目をつぶるのだって厭わないですし、
そこにプレイヤーを楽しませようという努力が見れるのならば
お金だって使ってホイホイされちゃいます。

メーカーはプレイヤーの、
プレイヤーはメーカーのことを考えられるようになってほしいと、
一個人の意見で思います。

と自分のブログだからこそ自分の心の叫びをはきだしてみました。

何度もいいますが今現在ゲームを楽しいとプレイされている方は
それが1番良いことだと思います。

私がこのブログで自分の思いを打ち明けたところで、
今の子供だましでもただ売れればいいという状況が変わるわけでもありませんし、
私自身、じゃあこれからどうしていくのが1番良いことかという答えはまだでていません。
個人でできることなんて限られてますからね。

そんな中途半端な状態で記事を書いてもしょうがないのですが
少しでも目をつぶってプレイしていると明らかに感じてしまった方がいたら
そうなんだよね~と少しでも考えるきっかけになって貰えたらいいなと思います。

そして私自身この記事を書くことで自分が何に対して不満をもっていたか、
どうしたいのかが少し分かった気がするので前に進めそうです。
こんな記事にお付き合い下さってありがとうございました。

ちなみに。
私がオトメイトさんにこだわる理由はやっぱり夏空のモノローグなんだと思います。
こんな素敵なゲームが作れる会社さんだからこそ、
また同じようなゲームを期待してしまうのだと思います。

こんだけ文句を言いたいだけ言わせてもらいましたし、
これからもオトメイトさんのゲームを期待と共に買い続けますよ。
どうかオトメイトさんにはこれからも頑張ってほしいです!

-20 Comments

naotomo(ともこ) says..."こんばんわですv"
美優さん、こんばんわー!じっくりを記事を読ませて貰いました。
私は正直以前は「声優」ありきの乙女ゲーと考えていたので、シナリオはある程度サラーっといければいい人でした。
でも今は逆に、「ストーリー」重視に変わったので…美優さんが思う、

>ただしシナリオについては目をつぶって。
にとても共感しました。
猛獣使いと王子様も楽しくプレイ出来ました。・・・キャラ萌えで。
アムネシアもまぁ・・・キャラ萌えで。

私が以前までオトメイトさんを避けていた理由の一つがまさに、「敵がいて戦う」。コレです。
私は乙女ゲームで戦うというコマンドは自分で操作出来ない以上、「必要ない」と考えています。
私は育成や戦闘も好きなので、むやにやたらに出しゃばるくせに何も出来ない主人公が嫌いだからです(笑)

パターン化するのは仕方ないにしろ、毎回こうなのね~とかなると萎えていきますよね。
結局ご都合主義で主人公が世界救っちゃうぜ★的な(笑)

彼らとの恋愛をする以上必要なのかもしれませんが、この部分が恒例化してしまうと、プレイヤー置いてきぼりですよね。

だから私は学生生活とかの方のゲームを優先してしまっていたんだと思います。
以前、直接お話ししたのでアレですが、スタスカがいい例ですよね。
あんなに流れが一緒なのに何故かそれぞれに満足出来る「キュン」が沢山ある。

これを望んでいますwww

そのゲームで初めて乙女ゲをした人ならば、「おぉー」と思える展開でも、
その次にやって「またコレなん?」って思うのは目に見えてる事で。
(私的には恋戦記の雲長がそうでした。会社も違うのでアレですが、先に私の好きなゲームをやった後だとこの流れ似てるぞ的な感じになってしまったので。逆に私の好きなゲームも、以前遙か3をやった人なら「このパターンか」と思うらしいですw)


なんだか、美優さんの記事読んでいて更に「夏空のモノローグ」をプレイしたくなってしまったので、
近々買って来ようかと思います!・・・感情移入出来るゲームやりたいです。
2011.09.06 21:11 | URL | #- [edit]
タロ says..."上をみるときりがないけど"
こんばんは、タロです。
美優さんがおっしゃる通り、
乙女ゲーだから、シナリオはあんまり期待しないっていうのは確かにあるかも!
萌えに特化してれば乙女ゲーだからいいかなって思っちゃう。
他にも「乙女ゲーだから」って言う理由で、他の普通のゲームよりも及第点は甘くなっていたり。
ただ、乙女ゲーというジャンル自体がここ数年で急成長しているジャンルなので、今になって停滞期を迎えているような気もします。
これは他のゲームのジャンル(RPGやFPS等々)も同じ事なので、ここに来てマンネリ化してくるのは業界として普通の事なんですよね…。
生き残りをかけて洗練されてくる時期がもうすぐ来るような気もします。
そうすればシナリオも良いし、キャラも良いし、システムも快適と言うゲームが増えてくるんじゃないかなぁ、なんて勝手に期待してますけどねw
ただ、スタッフの熱意が感じられるゲームと言うのは、私も大好きです。PLAYしてればわかるものですよね、こういうのって。
キャラに愛がこもってないゲームってつまらないですもの。
儲けがなければ会社としてはダメなんですけど、手っ取り早くじゃなくて、ちゃんと愛をこめてゲームを作って欲しいものですね。最近は愛のないゲームも多いですからね…。
そんな感じで、私も今乙女ゲーの新作になかなか手が出ない状況です。しばらく評判の良い過去の乙女ゲーをやろうかなーなんて思ってます。
夏空は他のブロガ―さんも絶賛されているので、購入リストに加えておきます!
2011.09.06 22:29 | URL | #LBBU7xTo [edit]
やしろ says..."思いの丈を"
コンバンワン、美優さん.と、まず先に謝らせて下さい.美優さんをけし掛けておいて、あの記事はなかったと私の方が反省すべき記事でした.本当にごめんなさい.テンバッテ意を読み違えていらっしゃるかもしれませんが、「本音を書くな」ということではなく「ブロガーが本音を書けない葛藤があるんだ」ということを・・と、今更ですね.実際、中途半端に思いを吐かれたらもう一度煽るつもりだったので、美優さんの気持ちがちゃんと聞けて嬉しくなりました!記事の執筆お疲れ様でした!

読み手に乙女ゲーもブログも楽しんでもらいたい♪と美優さんが願っていらっしゃるからこそ、怒りやら悲しみやらがうまく吐けなかったのかなって心配していました.ブログをやってなかった時なら、ゲームを投げ出したりすることも容易にできたはずなのになかなかそれもできず、(って、けっこう投げてらっしゃるけれどもw)フラストレーション溜まりますよね(汗)・・そこをいくと「素直さ」ってもしかすると大事なのかなとも思ったり.

この記事を読んでいて、美優さんがオトメイト作品がとても好きなことも、オトメゲーがとても好きなことも、記事からすごく伝わってきているので(*´∀`)b真剣に、熱心に書かれた言葉ほど強い言葉はないですしブロガーさんの熱意に耳を傾ける人が美優さんの本当の読者さんでもあり、また読者さんになるであろう人なのかもと思います.

いろいろ思うこともあるのですが、ここ最近のオトメイトは、企画を抱えすぎているのかもしれませんね.惹かれる要素をPRされるので苦しいところですが、美優さんの心証を思うと1年~2年のプランをもう少しよく考えてもらいたいですよね.これには深く同意してしまいます.いい作品とこれからも出会えるように、製作側の人たちにも頑張ってもらいたいですね♪

と、なんだか長々とすみません.美優さんは美優さんだからこうやって爆発して下さい,大丈夫、周りのブロ友も読者もしっかり美優さんに付いていけますから!・・うわーん、すごいクサイこと書いてるけど、許してねぃ.
( ゚Д゚)ノシであ
2011.09.06 22:59 | URL | #km62nynQ [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.09.07 01:41 | | # [edit]
カオル says...""
美優さん、こんにちは(*゜ー゜)v

乙女ゲーだけではないんですが、正規の値段で買って良かったと思うゲームは少ないです。
私は殆ど中古で買っていました。
当たりかハズレかプレイしてみないと分からないので、怖いんですよね。
大体はレビューを見てから購入することが多いです。

特典や+αにつられて購入する方が多いのにも問題があるのかもしれませんし、特典つけときゃ売れるだろう的な考え方の制作者サイドの態度にも問題があるように思えます。

何しろ特典はその時しかもらえませんし。

かなり吟味して購入する方なんですが、それでもハズレを引くのだから難しいですね。

予約して購入したのはアムネシアが初めてでした。
私は飽きたゲームは売り飛ばすんですが、今現在、手元に残っているのは『薄桜鬼』と『緋色シリーズ』と『スタスカ』のみです。
(CZは大好きなのですが、PSPで新しく出るので売りました)

そこら辺に乙女ゲームの何か(問題点等)が転がってるのかもしれません。
私自身が本当の意味で気に入ってる乙女ゲーはコレだけなのかもしれませんね。

私は絵が好みで声優さんもなるべくなら好みの方が出ていてストーリーも好みなら絶対買うと思いますが、特に絵が好みでないと触手が動きません。
良い例が『花帰葬』というゲームで、レビューが良かったので購入したのですが、絵が好みではなくて早々に投げ出してしまいました(-.-;)
でも、好きな方はすごく好きなんですよね、このゲーム。

人の好みって難しいなぁと思いました。
2011.09.07 05:52 | URL | #- [edit]
小人 says..."こちらでは初めまして(^ω^)"
最近、ツイッターでフォローさせていただいた小人です。

私自信は乙女ゲームに嵌まったのが最近だし、アムネシアもまだ全然進んでないので、見当違いかもしれないのですが、よく言ってくれた!と思いました。

私は薄桜鬼から入ったんですが、黎明録が出る際にもうなんなんだろうと…。
確かに黎明録は乙女ゲームじゃありませんが、カズキヨネさんが好き!薄桜鬼が好き!って気持ちで買ってプレイしましたが、頭に何も入ってこないし、ただ買ったからやってるという意識に…。

作り手の大変さなどはわかるんですが、黎明録以降にやった乙女ゲームもただやってるという風になりがちです。
私みたいな人が増えれば、乙女ゲーム業界は終わりだと思うんです。個人的にですが。

乙女ゲーム界の未来を明るくするためにももうちょっと考えて欲しいなと。
オトメイトさんが好きだし、乙女ゲームに出会わせてくれた会社でもあるし、まだまだ期待しているのです。

おバカなんで頭が混乱してきて、長文乱文になってしまいました。すみません(>_<)
2011.09.07 11:41 | URL | #X5XodAgg [edit]
美優 says..."こんにちはー!"
>ともこさん
ともこさん、こんにちはー!
じっくり読んでからのコメントどうもありがとうございます。
メールもどうもありがとうございました!

「声優」ありきの乙女ゲーだったとのことですが実際声優さん目当てで買われる方が多いんですよね。
私、自分が声優さんに興味がないのでこの部分をいつも忘れて考えて、そういえばそうだった!と記事を書いてから思い出します(笑)
声優さん買いの方でも乙女ゲーに対する考えは千差万別だと思うので一概には人気声優を揃えるなとは言えないですしこれもまた難しいところです。
(でもぶっちゃけあまりにも同じ方がキャスティングされることに辟易しているのは事実です)

と、最初から話がそれました!すいません・・・!

シナリオ、やっぱり目をつぶってプレイしてしまってるところありますよね。
猛獣使いなんて良い例だと思います。ただFDに関しては個人的にシナリオも気に入っていますが、これもまたキャラ萌えありきだからこそなんだろうなぁと思いますし、FDでシナリオを補填している部分が多々あるのでFDであれだけ真相が分かるのならば本編をもっと頑張れよ!と言いたいです。甘いシーンに関してはあれはあれでオトメイトさん良くやったと褒めたいですけどね。ぐふふ。

出しゃばるくせに何もできない主人公については昨日メールでちょっとお話ししましたが、激しく同感です(笑)まさかここに同士が!というかんじなのでこの件については飲みのときにゆっくりw

「敵がいて戦う」も2作目くらいまではそれが楽しかったんですけどね。本数を重ねると先が見えちゃってつまらないですよね。あとご都合主義はプレイヤーがおいてけぼりにされる感があるのでこれもプレイヤーに優しくない設定だなと思います。

スタスカはなんであんなにキュンとするんでしょうね~。
ハニビさんも決して良いメーカーさんではないのに・・(あ、つい言っちゃった)
ただスタスカの場合、各季節攻略キャラが3人だから多少同じ流れでも我慢できるのかなと思ったりします。
でもまぁ、スタスカは間違いなくキャラ萌え先行だからだと思うんですけどね。
あのキャラ萌え具合はすごいなーと思います。あそこまでキャラ萌えさせられるとお金ホイホイしちゃいますよね(笑)でもご存じの通り個人的にはスタスカのシナリオ好きです。あんな学園生活送ってみたかったと思わざるをえないシナリオですよね。

たぶん私のはじめて、もしくは何本目かの乙女ゲーだったらアムネシアも楽しめたと思います。
そういう意味ではプレイしすぎて頭でっかちなんだろうと自分に反省です。
でも乙女ゲーが好きで、いっぱいプレイしたくていっぱいプレイした結果がこれだと何だかなあと思ってしまいます。きっとともこさんも色んなゲームをプレイしたからこそ素直に楽しめない葛藤があるんだろうと思いますし、お互いそこが悩みどころですよね。
(雲長の件は同感です。この展開あるある!と言いたくなるような展開ですよね・・!)

夏空是非プレイして下さい!ティッシュとコントローラー片手に思い切り涙して前向きな気持ちを貰って下さい!シナリオは乙女ゲーでは飛び抜けて秀逸だと思います!
2011.09.07 12:01 | URL | #9K64Lzaw [edit]
美優 says..."ありがとうございます。"
>タロさん
タロさん、こんにちは-!
いつもコメントありがとうございます。

乙女ゲーだから期待していない部分ありますよね。
というかそうじゃないと自分の中で納得できませんし。萌えられたからそれで良いというのは確かなんですけどふとこれでいいのかなぁと思ってしまいます。
私は他のジャンルはほとんどプレイしないので分かりませんが、乙女ゲーって自ジャンルに甘い気がします。他のゲームの批評を見ると結構辛辣な意見があったりするのに乙女ゲーってなかなか見かけませんよね。そういう意味でもこれでいいのかなぁなんて思ったりしてます。

そしてタロさんの意見、非常に参考になります。
他のジャンルも同じようにマンネリ化しているんですね。どのジャンルもが通る道であるのならば逆にこれからが大事なんではないかと思います。発展するか衰退していくかを考えると今のままでは衰退していくと思わざるを得ないのが悲しいところです。でもタロさんの仰るようにこれから洗練されていくのであれば希望はあると思いますし、私も期待したいところです。というか、期待しなきゃ乙女ゲーこれから買えないですよね、ぶっちゃけ(笑)
個人的にはお金を払ってゲームを買うのはゲームを楽しませてもらいますという気持ちと共に次回も頑張ってちょうだいね!という気持ちを込めていたりするので。

スタッフの熱意、プレイしてれば分かりますよね。私は公式サイトの作り方からはじまり、スタッフさんのブログ、キャラ設定の深さ、シナリオの深さからスタッフさんがプレイヤーに何を伝えたかったのかを汲み取るのがプレイヤーであると思いますし、そこが楽しみだったりします。だから適当に需要のあるキャラ設定やシナリオを混ぜ合わせて作られるとスタッフの熱意が見えるというより、売れればいいだけなんだなって思っちゃうんですよね。どこかしらにスタッフさんの熱意を感じられたらこちらもそれを受け取るし、でもそれが最近できていない気がするのです。
タロさんの仰る通り、売上があってなんぼですが、長い目で見てそういうメーカーさんにプレイヤーはついていかないと思ってしまいます。

タロさんも乙女ゲーに食指が動かないようで!私もタロさんのように一般ゲーにいけたらいいんですが、乙女ゲーにこだわってしまうトンカチみたいな頭をどうにかしたいところです(笑)

夏空はノベルゲーとしてシュタゲとかには到底かないませんが、乙女ゲーとしてはよくシナリオができていると思います。どちらかというと泣きゲーに分類されるかと。もしよければ是非プレイしてみてください!

最後にですが、タロさんがコメントの題名に書かれた「上をみればきりがないけど」という言葉を見て、その通りだと思いました。でも下を見てはそれもそれできりがないので上を見続けたいなって思いました。
コメントありがとうございました!
2011.09.07 12:54 | URL | #9K64Lzaw [edit]
美優 says..."感謝デス!"
>やしろさん
やしろさん、こんにちはー!
コメントありがとうございます。

ってか謝らないでください!そういう意味で拍手を送った訳でもなく「やしろさんが本音で書くのが難しいと書いたのに私は書きたいこと書いちゃったよー!」という報告の意味です。あと、「書きたいこと書いたから私の屍はひろってやってください-!」というちょっとしたお願いを込めてコメントしました。というかよく考えればなに人様の拍手で自分の記事をアップしたことをコメントしてるんだって話ですし、最後までちゃんと文章かけよって話ですよね。こちらの方が謝らなくてはいけません。色々悩ませてしまったようで本当にごめんなさい。そしてやしろさんが本音を書けない葛藤があるという意味であの記事を書いたのは理解しているからこそのあのコメントだと思って頂ければ有り難いです。少なくとも私が記事をアップした時点でそれは私の責任ですし、やしろさんが悩む必要はないのでお気になさらないでください!本音を書くのは難しいという意見についてはこりゃあもう激しく同意しますのでこれについてはあとでやしろさん宅にお邪魔させてください!

やしろさんには結構本音をぶっちゃけているので、たぶんブログで私が思ってることを書けていないんじゃないかと心配させてしまっていたようで申し訳ない気持ちとともに感謝の気持ちでいっぱいです。たぶんやしろさんの後押しがなかったらこの記事を書いてないですし、おかげさまで今は書いてよかったと思っています。

ちなみにブログをやっていなかったらアムネシアなんてトーマをプレイした時点でフリスビーしてますよ(笑)でもそれをしなかったのはブログでアムネシアの感想楽しみにしてますって書いてくださった方がいたからだと思います。それと同様、葵座もちゃんとプレイしたいのですが悶々した気持ちでプレイしても楽しめないことは確かですし、そういう意味でも今回素直に自分の気持ちを書いてみてよかったです。ちょっとこの悶々している時間から抜け出せそうです。

それでもやっぱりまだまだ気持ちが錯綜していて、昨日の記事が全部だというわけでないようで色々な方のコメントを読んでまた他の気持ちに気付けたり、考えさせられたりしています。考えが1つじゃないからこそ面白いです。ご存じかと思いますが私はブログを通して色んな方とお話ししたり、意見を交換したりするのが好きなんだと改めて実感しましたし、そしてブログを読んで下さってる方に励まされてるんだなと実感しています。いや、ほんとブログすげーやって思ってます、まじで!

ぶっちゃけ「オトメイト好きがオトメイト作品に辟易しただけだろう。今更何をワロスワロス」的な意味でとられるだろうことを分かっての今回の記事でしたし、巷でのオトメイトの評判から考えても私の記事はオトメイト信者の戯れ言としか聞こえないですからね。それでもやっぱりブログって自分のためにやっているものだしたまには我が儘に自分勝手でもいいじゃん!と開きなおらさせて頂きました。そして開き直れたのもこれまたやしろさんの言葉だし、そしてブロ友の皆様が私自身を好きでいて下さることや、拍手の数やランキングポチやアクセス解析から見るリピーターさんがいたからこそだったと思います。

1人で言いたいこと記事にしておいてなんですが、1人じゃブログ運営ってできないのだなとしみじみかんじました。本当に多くの人に感謝であります!!
と、なんだかやしろさんのお返事だけでブログ記事1つになりそうなコメントになってしまってすいません。

オトメイトさんは本当に色んなところとコラボや発売ラッシュで私と同様迷走しているのかなとも思ったりします。強気で行くのは企業として頑張ってもらいたいところですけれども張り切りすぎて後ろを見たらプレイヤーがついてこなかったということになりかねないのでもっとちゃんと企画して欲しいですよね。
そして私も迷走しすぎないように気をつけます(笑)なにかあったらまた私を叱咤激励してやってください!最初から最後まで本当にありがとうございました!
2011.09.07 14:49 | URL | #9K64Lzaw [edit]
narinari says..."はじめまして"
やしろさん宅から飛んできて以来、密かに読ませて頂いておりました。
正直、自分のブログで声高々に「乙女ゲーには萌えだ!」と言い切った身なので、まったく説得力がなくて本当にスミマセン。
そもそも、私自身乙女ゲーを始めて5本ぐらいなのですが、今の心境で思ったのが「萌えだ!」なのでした。
そして、美優さんが直面した苦悩とは、この先乙女ゲーの数が増えた時に踏み入る心境地なのかなと感じた次第です。
(イヤその、5本もすれば同じシナリオ設定にお腹一杯になる方もいると思いますが...)
そうですよね。同じシナリオ設定(戦う!)で、そればかり食わされていたらゲンナリしますね...(汗)
ココからは私の妄想というか予想でしかないのですが、今の市場には私の様にまだまだソフトの本数をこなして居ないライトユーザーが多く、まだお腹一杯になっていないのかなぁと。来年、再来年になった時に、需要がどう変わるか?によってシナリオの設定にも変化が現れるのかもしれませんね。
こんな事を言っておきながら私自身、意外や意外
「私、同じシナリオ設定でもお腹一杯にならない...どうしよう!?(滝汗)」になるかもしれませんし、
「乙女ゲーに求めるのは萌えだけ!シナリオは他のジャンルで堪能する!」と割り切ってしまうかもしれませんし、
「もう、お腹一杯...美優さんの言っていたのは、コレかぁ...(血涙)」と同じ新境地に到達するかもしれませんし、自分自身どうなるのか、まだよく判っておりません(ホント、すみません。こんなんでコメントして....。)

そして、もう1つ。
美優さんの記事を読んで思った事は、気分が乗らない時は乙女ゲーの記事をUPしなくても大丈夫ですよー...です。
乙女ゲーブログの看板はそのままで、記事は乙女ゲー以外ゲームでも飲んだお酒がウマかった!でも平気です。
もう、桜小路君@ガラスの仮面が弟子入りした仏師:海慶の如く
「まだ、仏の姿が見えないんです...。仏の姿が見えるまで彫る作業しません。」
とか、言い切っていいと思う今日この頃です(苦笑)
個人的に、気分が乗らない時にプレイしても楽しくないと思うのですよ。
(こんなことコメント欄に書いて良いのか若干不安ですが...。もっと言えば、葵座は...その...この状況では食らうダメージが大きいと思います。怒りに昇華出来ればいいですが、悲しみを背負ってしまうかもと。)
なんだか、的外れな事を言っていたらすみません。
また、ひっそりと覗きにきたいと思いますっ。
2011.09.07 15:38 | URL | #- [edit]
美優 says..."はじめまして。"
>ちよさん
ちよさん、はじめまして。
コメントどうもありがとうございました!
私もちよさんのブログいつもこっそり拝見させて頂いていたのでコメント頂けて嬉しかったです。ありがとうございます!

「乙女ゲーだから・・・」ってどうしても思ってしまいますよね。
なんでそう思ってしまうのかと考えたんですけど、時間とお金を使って遊んだ結果を納得するためにそう思ってしまってるのかなと思いました。やっぱり乙女ゲーというくらいなのでゲームであるのならばシナリオや音楽、システムなども重要視されるべきですよね。でもそれができていなくてもそれなりに売れてしまう現状が続けばちよさんの仰るようにプレイヤーは離れていくと思うんです。萌えはゲームでなくても色々とありますし・・・。

プレイヤーがどんなに良いゲームを!と思ってもゲームの制作者側が変わらないとこちらもアクションしにくいところがとても難しいですよね。メーカーさんが良いものを作ればこちらもそれに答えることができるのにといつも思います。プレイヤー側からできること(メーカーにはがきを送る等)は今までもしていますが、これからも地道にしていかないといけないのかなとは思います。

オトメイト大好きみたいな記事に本当にコメントありがとうございます。読み返したらちょっと恥ずかしいほどのオトメイト好きですがまた是非遊びにきてください!
夏空は本当におすすめなので未プレイでしたら是非プレイしてみてください。あれだけはオトメイトさんがオトメイトさんではないゲームだと思っています。

私もちよさんのブログ遊びに行かせて頂きますね!(実はデザキンのレビュー楽しみにしているのですw)もしよければ仲良くしてやってください!
2011.09.07 19:43 | URL | #9K64Lzaw [edit]
美優 says..."【拍手コメ返】ゆいさんへ"
>ゆいさん
こんばんは。
拍手コメどうもありがとうございました!

私の気持ち分かって頂けて嬉しいです。オトメイトさんってゆいさんが仰ってるように上辺だけで客寄せしている感がどうしてもあるんですよね。たしかに綺麗な絵や豪華な声優さんであるのは嬉しいですが、やっぱり中身で勝負してもらいたいのが私の本音です。オトメイトさんで作業感があるゲームと言えば、華やか、ワンドあたりがすぐ思いつくのですが、この2つの特徴をあげるとすると必要ない作業が多すぎですよね。私はもっさりしたシナリオとよく言うのですが必要以上の作業感も乙女ゲーにはいらないと私も思います。作業したい訳ではなく、キャラと恋愛がしたいと思ってしまうので。

アムネシアについても全く同意見です。ぱっと見のイメージ、発売前の情報と全く違うと思いました。だれもホラーだとは思っていませんでしたし、そういう意味でCERO Cにするのであればきちんと表記が必要だったように思います。プレイヤーはメーカー側がだしている情報でしか判断することができないのでそういう点に関してもプレイヤーを軽んじているのかと疑ってしまいます。

「単純で楽しめるゲーム」、これが1番ですよね。私もこんな風に色々考えないでただ面白いと思ってゲームしたいなと思います!

拍手コメどうもありがとうございました!もしよければまた遊びに来て下さい。
2011.09.07 19:55 | URL | #9K64Lzaw [edit]
美優 says..."コメントありがとうございます。"
>カオルさん
カオルさん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます。

カオルさんのコメントの
>当たりかハズレかプレイしてみないと分からないので、怖いんですよね。
という言葉がまさしく乙女ゲーの今の問題点だと思いました。もちろんどのジャンルのゲームもプレイしてみないとわからないのですが乙女ゲーの場合はこれが顕著に表れているんだろうなと思います。

あと、私は自分のポリシーとして中古でゲームを買わないことにしていたりします。というのはこれだけ乙女ゲー業界頑張れよ!とブログで言っているのに中古で買うのはちょっと違うと思っているので(あくまでポリシーなだけなので中古で買うのを否定している訳ではないのでここは勘違いしないで下さると嬉しいです。中古で買って乙女ゲーを面白いと思ってもらえるのも乙女ゲー市場拡大に繋がると思っているので!)。だからこそ新作を買うのが当たり前で特典や+αにつられて買うという考えが全くなかったです。これもまた盲点だなと思いました(というか考えれば分かるのに!)

確かに「複数買い」という言葉があるように店舗毎に特典をつけて売上をあげようとしていますよね。これは乙女ゲーに限りませんがこれもまたプレイヤーに対して失礼な話で、店舗毎の特典にしなくても売れるような内容を作ってほしい!と思いますよね。そしてどうしてもジワ売れよりも初動売上の方が話題になってしまうのも特典をつけてなんとか売らせる!というメーカー側の気持ちを後押ししているような気がします。

おそらく節操なしに乙女ゲーに食いつく私はカオルさんと全く違う買い方をしていて、やっぱりというか案の定ハズレは多いですがこれは仕方ないことかもしれません。けれどもカオルさんのようにすっごく吟味されているのにハズレるというのはこれまた残念すぎる結果ですね。ほんと乙女ゲー業界頑張れよ!と言いたいです。

そしてこれまた私はカオルさんと逆でプレイしたゲームを全く売らないタイプなんですが(乙女ゲーを並べてニヤニヤするのが好きなのでw)カオルさんが売る、売らないの判断は私がもう1度プレイしたいゲームかそうでないかというゲームではないかと思いました。私もスタスカが大好きなのでそりゃあもう何回プレイしたか分からないくらいですが、その他の作品でもう一度あのシーンが見たい!と思ったのは数少ないです。そう考えると乙女ゲーって長期的に萌えられるものではなく短期的に萌えられるゲームが多いのかなと思います。これもまたちょっと寂しい話ですよね。同じお金払うならずっと楽しめるゲームの方が個人的には好きです。

花帰葬はプレイしたことないのですが(すみません・・・!)私も絵が好みでないと食指が動きません。こればっかりはシナリオうんぬん以前に乙女ゲーに萌えがなかったらどうする!という話になってしまうのですが、やっぱりキャラと恋愛するのであれば自分の好きなタイプと恋に落ちたいですよね。
今回色々な方のアムネシアの感想を読んで、トーマが意外と人気で私はびっくりしました。これもやっぱり人の好みなのかなぁと思うので難しいですよね!でも色んな好みがあるからこそ、可能性が広がるのではないのかとも思います。

なんだかダラダラと書いてしまいましたがカオルさんとゲームの買い方が全く違うことで新たに色々考えさせて頂きました。もし偉そうな意見を述べてたらすみません。違う意見があるからこそ気付く部分があって嬉しかったです。
もしよければまたこうやって意見交換してくださると嬉しいです。
2011.09.07 20:28 | URL | #9K64Lzaw [edit]
美優 says..."【拍手コメ返】むぎさんへ"
>むぎさん
はじめまして。拍手コメどうもありがとうございます。
よくブログに遊びに来て下さるとのことでとっても嬉しいです!

むぎさんは乙女ゲーをはじめたばかりだとのことですが、それでも「ま、いいや」と思ってしまうのであるならば、やっぱりメーカーさんにもっと頑張って欲しいと思ってしまいます。「ま、いいや」の繰り返しで乙女ゲーに飽きたと思ってしまう人も少なくないのが現状だと思いますしね。結局のところメーカーさんがプレイヤーが諦めるのではなく自然と期待できるゲームを作らなければプレイヤーの意識も中々変えることは難しいと思います。

そしてプレイヤーの意識をかえるのが難しい中でもむぎさんのように諦める気持ちではなく期待しようと思うプレイヤーさんがいるんだからもっともっとメーカーさん頑張ってよ-!!と思ってしまいました(笑)プレイヤーが乙女ゲーを楽しむために変わろうとする努力、メーカーさんに分かって貰いたい!とむぎさんのコメントを読んで切に思った次第です。

実は今回この記事を書くにあたってのテーマが「自分の思っていることをそのまま書く」だったのですが、ブロガーの欲目として同じ気持ちの人がいたら同じように色々考えてもらえたらいいなと思っていたのでその気持ちを記事にあげました。少しでもむぎさんの気持ちに問いかけるものがあって、そして前向きに考えて下さったのであればブロガーとしてこんな嬉しいことはないです。コメントどうもありがとうございました!
2011.09.07 20:59 | URL | #9K64Lzaw [edit]
美優 says..."コメントありがとうございます。"
>小人さん
小人さん、こんばんは。
コメントどうもありがとうございました!
ツイッターもフォローして頂けて嬉しかったです(あんまり呟いてなくてすみません・・!)

ほんと自己満足でしかない記事なんですが「よく言ってくれた!」と思って下さると素直にありがとうございますー!という気持ちでいっぱいです。少しでも共感して下さる方がいらっしゃればと思いましたが、やっぱり本当に共感して頂けると嬉しいです。

小人さんは薄桜鬼から乙女ゲー入られたんですね。というか黎明録は私もプレイしましたが2時間でフリスビーしました(笑)あれは本当になんなんだろうの一言です。やっぱりオトメイトで1番有名なのは薄桜鬼だと思いますし、薄桜鬼ファンも多いからこそ薄桜鬼のゲームが色々でていますが乙女ゲーから薄桜鬼に入った私としてはなぜ男主人公なんだ!と思いました。もちろん乙女ゲーとして売り出してないからそれでいいんですけれども、薄桜鬼人気にあやかって色々なゲームを出しすぎだと思います。薄桜鬼って名前をつければプレイヤーが買うとこれまたメーカーに足下見られている気がしてなりません。

そしてメーカー側が足下を見ていることがプレイヤーに分かってしまうから乙女ゲー離れが進んでいくんだと思います。小人さんのように最近嵌った方がそう思ってしまうのは本当に問題ですよね。メーカーさんには今売れればそれでいいと思わず長期的に売れるような計画を立ててほしいですよね。

オトメイトさん、たまに良いゲームだすんですよ(たまになのが切ないところですが)。
お互いオトメイト好きとしてもっと頑張って期待させてほしいですよね!

最後になりますがもし小人さんが最近乙女ゲーにはまったのであれば他のメーカーさんにも面白い乙女ゲーはたくさんありますし、評判の良いゲームプレイして貰いたいなぁと思います!小人さんが少しでもワクワクするゲームが乙女ゲーにあるといいなって思います。
2011.09.07 21:32 | URL | #9K64Lzaw [edit]
美優 says..."コメントありがとうございます。"
>narinariさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
私もやしろさん宅からこっそりnarinariさんのブログ読ませて頂いています。いつも興味深い記事を書かれるのでお話ししてみたい!と思っていたのでコメント頂けてすごく嬉しかったです。

乙女ゲーは「萌え」だ!の記事も読ませて頂きました。私も同じように「萌え」があればいい!という記事を書いたことが実はあります(narinariさんみたいなテーマではありませんが、結論として「萌え」とあげたことがあります)それなのに今回このような気持ちになってしまったことに自分自身葛藤があったのは事実です。もちろん「萌えだ!」と思っていた時期でも相当数プレイしていましが、今回なんでこんな気持ちになってしまったのかが分からなくて記事にしました。
蓋をあけてみれば「萌え」だけじゃ自分納得してないんじゃん!ってことで、誰しもが通る道なのかなーと考えたらそれはそれでnarinariさんが仰るように違うと思いました。

そしてnarinariさんが仰ってるように乙女ゲーがたくさん発売されたことにより昔より乙女ゲーをプレイする人数が増えましたし、まだ何本もプレイしていないプレイヤーさんがいるからこそ、今のままでは自分と同じような考えが増えてしまうのではないかと懸念したんです。今はいいけれどもこれじゃあプレイヤーがついていかない=乙女ゲー市場の縮小になるのではないかという思いが結構あったんですが、確かにみんながみんな私のような考えを持つわけでもないな、と思ったらなんだかストンと気が楽になりました。何1人で色々考えすぎてるんでしょうね、私(笑)穴があったら入りたいです・・・!

でも少なからず私と同意見を持つ人もいると思うんですよね。だからこそやっぱりメーカーさんは今の状況に驕らずプレイヤーの目線にたってゲームを作ってもらいたいと思ってしまいます。

そしてまさかコメント欄でガラスの仮面の言葉が聞けるとは思わず会社でコメントを見て笑ってしまいました!
いやはや、仏師海慶すごいですね(笑)
ガラスの仮面のあのシーンが私の中で巡って「そうですよね、海慶先生」と言いたくなりました。
ものすごく的確な例えありがとうございます。そしてnarinariさんに優しいお言葉を頂けてすごく嬉しかったです。どうも私の性格の問題として「こうでなきゃいけない!」と勝手に決めつけて、勝手に辛くなっていることが多々あったりするので、そうじゃなくてもいいんだよという優しいお言葉を頂けると肩の荷をおろすことができます。ありがとうございます。お言葉に甘えて、お酒の記事とかくだらない小話なんかをちょっと書いたりして気分転換してみようと思いますのでもしよければ今後ともお付き合いください!色々と優しいコメントありがとうございました!

最後に葵座ですが、やっぱりダメージくらいますよね?なんだかそんなにおいがプンプンしてプレイを中断しています。もっとゲームに前向きになれたらプレイしたいと思います!

またnarinariさんのブログにも遊びに行かせて頂きますのでそのときはどうぞ宜しくお願いします!
2011.09.07 22:05 | URL | #9K64Lzaw [edit]
美優 says..."【拍手コメ返】カオルさんへ"
>カオルさん
カオルさん、こんにちは!
わざわざまたコメントありがとうございました。
逆に気を遣わせてしまったみたいで恐縮です。

でもカオルさんからコメント頂けてホッとしました。考えて文章を書いたつもりなのですが、受け止め方にとっては気分を害されてしまうのではないかと思っていましたが、私がカオルさんに伝えたかったことが伝わったようでよかったです。ありがとうございました!

私もいつもカオルさんとのコメントのやりとりを楽しくさせて頂いてます!カオルさんがプレイされた感想とかを書くとうんうん!と共感したり、あはははは!と笑ったり、実は~、とネタバレのもどかしさがあったりと、同じ意見でも違う意見でもいつも面白く読ませてもらってます。
カオルさんは返事が書きにくいかも・・・と思ってしまうとのことですがブロガーの本音とすればどんなコメントも大歓迎です!というのもひとつひとつ考えた書いた記事に反応を頂けるというのは嬉しいことなんです。だから気にせずまたコメント下さると嬉しいです。乙女ゲーブログをはじめたのもこうやって色々な人とお話がしたいという気持ちがあったからですし。

咎狗の血、気になっているのですよ!評判も良いですし、イラストもすごく綺麗ですし!
というか娘さんのお友達から勧められるっていうところが相変わらずカオルさん面白いw
きっとカオルさんもなにかオススメされたんじゃないでしょうか。ほんとある意味リアルでの乙女ゲー(BLゲー?)仲間ですよね(笑)
ちなみに私が購入する場合はきっとPCの咎狗の血を買うと思います。グロは苦手ですけど、やっぱりエロ
は欲しい・・!R/18乙女のエロは苦手なのにBLのエロが好きな自分の趣味ってなんなんだろう・・・って最近思います(笑)
2011.09.08 17:59 | URL | #9K64Lzaw [edit]
美優 says..."【拍手コメ返】りくたさんへ"
>りくたさん
はじめまして。こんばんは!
拍手コメどうもありがとうございました。

自分の気持ちをうわーって書いた記事だったので読み返すとお恥ずかしいところがたくさんあるのですがそれでもすっきりして頂けたのならば良かったです!ブログ読んで下さってどうもありがとうございました。もしよければまた遊びにきてください!

2011.09.08 19:43 | URL | #9K64Lzaw [edit]
千秋 says..."no subject"
美優タン、ばんばんこ!!
うわっ!コメントが満員御礼じゃないっすか!!

この手の記事にはいつもワシがトリでサーセンね。(笑)
そしてたいしたコメントも書けずにね。
だったら書くな!って話だけど
でも書いちゃうもーーーん(*´∀`*)
ワシがこんなんだから美優タンもさらーっと読んでちょ。

美優タンもおわかりの通り、
あんまり深く考えないからさ、ワシ。
美優タンみたくゲーム市場を分析できないから
あんまりコメントできんけど、ゆるしてね。

ワシは買ったゲームが面白ければそれに越したことはないし、
期待外れであればそれなりにプレイするけど、
でもどこか一つ、「楽しい!」と思えるところを探すかな。
でもこれって、ブログを書きはじめてから習得したのよ。(゚д゚)/
ちょっとヤラシイ話、「つまらん」だけじゃ記事になりゃせんからね。
でもお金払って面白くないっつーのは
ま、納得いかんわな。

多分美優タンはたくさんたくさんゲームを知ってて、
古き良きも知ってて。
だからこそ心に溜めてたもんが溢れちゃったんでしょうね。
アムネシアで。(笑)
でもでも、こうしてこんなにたくさんの乙女たちが美優タンのお話を聞いて
さらには同意もあって。
だから美優タンが思ってる事っつーのは
美優タンひとりじゃないって事だ!(∩´∀`)∩
同じ思いの人はたくさんいるんだよ~ってね。
気持ち、かなりラクになったんじゃないでしょうかね。
前回の主張ネタから完全に美優ファンが増えてて、
なぜかワシ、嬉しい(∩´∀`)∩
「ウチのお嬢、イカスでしょーーー!!」って言いたい。(笑)
(勝手にウチの呼ばわりでサーセンww)

ま、百発百中で出るゲーム全てが面白いっていうのは難しいですが、
こちらの期待に応えてくれ、
むしろカスタマーに「どうだ、参ったか!」と言うくらいのゲームが世に出ることを期待したいですね。
2011.09.08 20:43 | URL | #QJ.4C572 [edit]
美優 says..."コメントありがとうございます。"
>千秋さん
千秋さん、ばんばんこー!
コメントいつも有り難うございます。

千秋姉様のコメント待ってました!ええ!首を長くして待ってましたとも!
考えて考えて考えたあとに千秋さんのコメントを頂けるとほっこりします。
いつも私のフォローを有り難うございます。

ブログをやっていると記事にするためにプラスのことを考えようと私も思うのですが、今回それができなかったのです。
いや、最初にフルコンプ記事をあげたんですけれどもかなりオブラートに包んで書いたのでそこにまた鬱憤がたまったのかもしれません。
そして悶々と何週間もすごし、今に至ってしまいました。
そう考えるとある意味私の心を何週間も1人占めする「アムネシア」すごいなと思うんですけどね(笑)
千秋さんのように楽しいと思ってもらえるブログにしたいのが本音なのに、自分の気持ちとの葛藤が難しいであります!
そう考えるとやっぱり千秋さんすごいなーって思います。いや、ほんと見習わなければいけません!

それでも千秋さんが仰って下さったように色々な方がコメント下さって、本当に嬉しいですし有り難いなって思います。
反論コメントの1つや2つ、いやもっとそれ以上きてもおかしくないと思っていたのに優しいコメントをたくさん頂けて何度も読み返している次第であります。
ブロガーとしてなにかを発信しようと思っていましたが、それは私の驕りでブロガーは読者に支えられてこそ更新が続けられるのだなとつくづく感じています。

そして千秋さんにもっと喜んでもらえるためにお嬢もっと頑張る!(笑)

でも週末までは乙女ゲーおやすみタイムにしてブログも乙女ゲー以外のことアップしていこうと思います。
というか、ここで書くのもなんですが私もクリムゾンエンパイア、エドワルドからプレイしようと思ってたから記事読めないじゃないですか-!
まさかの同じ人から攻略なんて思わずだったのでびっくりしますた!
クリムゾンエンパイアはネタバレしたら絶対攻略しない(というか作業しない)と思うのでまた後ほど一緒に語らせてください。
でも千秋さんが面白いと思ったのか、面白くないと思ったのか気になる。うずうず。
あの、できれば、次の千秋さんの記事のネタバレ前にクリムゾンエンパイアが面白いか面白くないか教えて下さい(なんというずうずうしいお願い・・・!)

と、話がそれてすいません・・・!
メーカーさんが「どうだ、参ったか!」というゲームをだされて、プレイヤーが「ははー、参りました-!」というやり取りができるのが理想ですよね。
そんなメーカーさんがいたら今以上にホイホイされちゃいますが(笑)

コメント本当にどうもありがとうございました!千秋さんスキスキ-!
2011.09.09 01:28 | URL | #9K64Lzaw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suihana.blog74.fc2.com/tb.php/178-8b626091
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。