日々萌々

乙女ゲームとお酒と日常と。
MENU

スポンサーサイト

Posted by 美優 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブナイ恋の捜査室 初回プレイ感想

Posted by 美優 on  

0時を過ぎました。
またまたアップが遅れて申し訳ありません。

DSC_1008_convert_20120531012915.jpg

アブナイ恋の捜査室
発売おめでとうございますー!!


ついでにこっちも。

DSC_1006_convert_20120531012846.jpg

神さまと恋ゴコロ
発売おめでとうございますー!!


タクヨさんのゲームが好きなので
神恋を早くプレイしたくてうずうずしながらアブ恋をプレイ中です。
現在、如月、明智、藤守(弟)を攻略済みです。

予想通りサクサク進みます。いいかんじ。

今回も簡単な初回プレイ感想を書こうと思います。
いつものごとくネタバレはしないように書いていこうと思いますが、
多少攻略についても書いてありますので
一応たたんでおきます。



まず最初に、このゲームは携帯版のファーストシーズンと
セカンドシーズンが収録されています。
ファーストシーズンをクリアすると
セカンドシーズンをクリアできるようになっています。

攻略制限もあり、最初は明智、如月、藤守(弟)、小笠原しか
攻略できません。
3人攻略しても他ルート解放されていないので
4人攻略しないと解放されないのかもしれません。
(まだプレイ途中のため未確認です)

捜査室というくらいなのでシナリオ内で様々な事件が起こり、
キャラ達と協力して捜査して解決していくというシナリオです。
その中で共通した謎があるというかんじでしょうか。
3人プレイしてもまだまだ謎は謎のままなので、
気になりながらプレイできます。

ただファーストシーズンは同じ事件を
各キャラと一緒に捜査した視点で見るというシナリオ展開なので
周回プレイをすると多少飽きがでるかもしれません。
こういう事件モノって犯人が誰かとかトリックはどうなっているのかと
考えながら読み進めて行くのが楽しいと思うので。

けれどもセカンドシーズンに関してはキャラ毎に起こる事件が違うので
こちらは周回プレイしてもすごく面白いです。
ファーストシーズンだけの収録だったらえ・・・!となっていたと思いますが
セカンドシーズンで楽しめるので満足しています。

攻略については携帯ゲーでの攻略サイトさんを色々拝見させて頂いて
攻略を試してみたのですが、キャリアによって攻略方法が違うんでしょうか?
携帯でのアブ恋がどうなっているのか分からないのでなんとも言えないのですが
色々なサイトさんがアップされている攻略が違く、
またそれぞれを参考にしてもハッピーエンドに辿りつきませんでした。
(プレイ中の選択肢自体はたぶん一緒??)
(辿りつけるサイトさんもあるかもしれません)

なのでPSP版は改めて自力で攻略しなくちゃいけないのかなーと思いながら
説明書読んでいたらオプションの字幕設定のところで
親密度アニメのオン、オフができるようでした。

これはオトメイトさんでよくあるアイキャッチシステム的なもので
好感度が高い選択肢を選ぶとハート2個のアニメーションがでます。
好感度がちょっとあがる選択肢がハート1個のアニメーション。
好感度が上がらない選択肢はアニメーションがでません。
こんなシステムがあったのか!と気付いてからはサクサク攻略出来て非常に快適。

そしてこれは定かではないのですが、
最初この設定がオフになっていたように思います。
もし攻略が難しい!サクサクプレイしたい!という方はこの設定をオンにして
プレイするといいと思います。
基本的に好感度が上がる選択肢を選べばハッピーエンドにいけます。

また各話好感度があがる選択肢を選ぶとサイドストーリーが見られます。
これがキャラ同志の掛け合いだったり、キャラの日記だったりで
地味に面白いです。
個人的には明智日記がお気に入りです。

ちなみに各シーズンの話数及びスチルは以下の通り。

ファーストシーズン 

7話まで共通

ハッピーエンド 全10話
ノーマルエンド 全9話
バットエンド  全8話

セカンドシーズン

7話まで共通

ハッピーエンド 全11話
ノーマルエンド 全9話
バットエンド なし

注:確認できたのは明智、如月、藤守(弟)、小笠原のみ

スチル枚数(差分なし)

明智 26枚
如月 27枚
藤守(弟)26枚 
小笠原 26枚

他はまだ不明です。

スチルは多少バランスが悪いと思うスチルもありますが許容範囲。
ただ立ち絵とスチルの顔が違うようなときもあったり。
あまりこだわりはないのでこの辺りは流していますが、
気になる方は気になるかも。

シナリオについてはものすごくドキドキワクワクするような展開ではないですが、
謎解きの部分を自分で考えたりできて面白いですし、
超展開だったり、超難解だったりするミステリーではないので
手軽にプレイするにはもってこいだと思います。

また携帯ゲームからの移植ということで、
各話毎にシナリオが途切れてしまうのではないかということを
懸念していたのですが、これはまったくありませんでした。
(サイドストーリーで途切れる感はありますが)
というのもいざ恋をプレイしたときに各話毎に途切れてしまって
シナリオが急展開といいますか、
恋愛過程が突飛に描かれていて置いてきぼりにされてしまったかんじがあったのですが
この作品についてはそのような感想は抱きませんでした。

そして何よりキャラも全員魅力的ですし、
プレイして気になるキャラ(小野瀬)に攻略制限がかかっているというのが
非常に憎らしいです!!

ただ、やっぱり私の中で携帯ゲーからの移植作品という固定観念があるので
どうしてもコンシューマー乙女ゲーと比べてしまうところがあります。
携帯乙女ゲーの方が面白くないという訳ではなくて、
それぞれの良さがあると思いますし、
その中で私はコンシューマー乙女ゲーが好きです。

それを前提として携帯乙女ゲーからの移植と考えれば
非常によくできている作品だと私は思いましたし、
購入してよかったと思っています。
携帯ゲーで人気あるのも分かる気がしますし!

1話ずつ手軽にプレイできるのが携帯乙女ゲーの良さであると思うので
PSPでちょこちょこ乙女ゲーをプレイしたい人にはいいかもしれません。

個人的には攻略したいキャラに制限がかかっているので
まだまだ萌えはお預け中な気がしてしょうがありません。
フルコンプまで楽しんでプレイしようと思いますー!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。