日々萌々

乙女ゲームとお酒と日常と。
MENU

スポンサーサイト

Posted by 美優 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 プレイゲーム感想まとめ 【下半期編】

Posted by 美優 on  

こんばんは-!

いつもブログにたくさんの拍手ありがとうございます!
更新の励みになってます!

気付けばもう30日ですね・・・!
残すところ今年もあと1日となってしまいました。
以前にも記事に書きましたが今年中に書きたい記事は色々ありまして
この記事を含めてあと3記事をアップしたいと思っているのに
気持ちだけで全然行動に移せていない私です・・・!
でも今必死に書いてます。
怒濤の更新をしようと頑張っておりますので2012年もあと少し、
日々萌々にお付き合い下さいませ-!

というわけで、先日書きました
2012年 プレイゲーム感想まとめの下半期編からアップしていきたいと思います。
先に進めば進むほど酔っ払いになっているのはいつものことですので
温かい目で見てやって下さい!
一応ネタバレはしていないつもりですがたたみます。
ちょっとくらいならネタバレ大丈夫!という方のみ読んで下さい!




ROBOTICS;NOTES

2012年後半最初はロボノからスタート。
とにかくフラウが好きすぎた。
あき穂にも海翔にもイライラすることはあったけれども
フラウがいたからフルコンプできた気がします。
とにかくフラウがでてくるたびにニヤニヤ。
でもストーリーとしては淳和ルートが好きです。
淳和ルートは涙腺崩壊しました。
ツイぽの返信によりルートが確定するというのも面白かったですし
(もちろん攻略サイト様を参考にさせて頂きました)
色々な謎が明らかになっていくシナリオ、
壁にぶつかって悩みながらも前に進んでいくロボ部に
プレイが終わって面白かった-!!と
とても爽やかで気持ちになったのを覚えています。
アニメ化もされましたし、今度アニメも見てみたいなと思います!

オメルタ 〜沈黙の掟〜 【BL】

BLはラキド、神学校とプレイして3作目。
お友達の玲さんが是非!!とわざわざ東京に来て下さったときに
貸して下さったオメルタ。
玲さんがオススメするのも納得するほど面白かったです!(ありがとう!)
JJがキングシーザーに行ったら私の気持ちもキングシーザーに寄り、
JJがドラゴンヘッドに行ったら私の気持ちもドラゴンヘッドに寄り、
敵対しているのにそれぞれの立場を理解することで
全てのキャラに対して感情移入してしまうほどどのルートもよかったです。
でも1番好きなのは宇賀神さん。
宇賀神さん、キングシーザー編だと嫌いだったけど
ドラゴンヘッド編の宇賀神さんルートはとにかく綺麗だった。
ゲームの感想に綺麗っていうのもおかしいんですけど、
宇賀神さんが綺麗すぎて綺麗だったとしか言えないのがもどかしい。
FD発売も決まっていますし、FDは全力で買います!

鬼畜眼鏡【BL】

こちらはBL4作品目。
嬉々としてプレイしはじめたのにあまり萌えなかった・・・!
なんででしょう・・・!
決してつまらない訳ではなかったのですが、
自分の中でのBL作品に対する期待が大きすぎたのが原因のような気がします。
とはいえ、秋紀ルートでは年下美味しく頂き、
御堂ルートではツンデレを美味しく頂いたのですが。
でもなにより主人公の演技が素晴らしいかったかと。
お一人で演じ分けされているとは思えないほどでした!

十鬼の絆 〜関ヶ原奇譚〜

賛否両論がありますが、私はこのゲームが好きです。
最近のオトメイトさんの作品ではよく見かけるようになりましたが、
オトメイトさんの他作品との絡み合いが1番顕著にでていると思いますし、
それが分かった瞬間の驚きやおもしろさはこのゲームが1番でした。
糖度は秦をのぞいてかなり控えめですが
歴史ものの戦うゲームだからこその糖度控えめは納得できました。
ただ、やっぱりオトメイトさんの歴史ものはどこか見たことあるような
シナリオ展開とまだるっこしさだけは否定できません。
それでもラストのラストでほっこりした気分になりましたし、
何よりmikoさんのイラストが美麗すぎてほれぼれしました。
オトメイトさんの十鬼のプッシュ具合はすごいので、
来年あたり何か新展開があるのではないかと邪推中。
私は全力で応援していきたいと思います!

L.G.S ~新説 封神演義~

このゲーム、感想をちゃんと書いていないのですが、
ものすごく面白かったです!!
主人公もどのキャラも良かったですし、何より萌えがたくさんあった。
あと、私がプレイする前に抱いていたキャラ達への想像を
良い意味で裏切ってくれたな-!と思います。
病んでないでしょう!と思ったキャラが意外に病んでたり、
適当そうなキャラが実はしっかりしてたり、
プレイする度に驚かされたりワクワクされる展開が続いて
最後までとにかく楽しくプレイした覚えしかありません。
あまり評判はききませんが、これは普通にオススメしたいゲームの一つです。

Custom Drive

フルコンプ感想にも書きましたが、とにかくシステムが素晴らしかった。
シナリオは間違っても良いとは言えませんが、
乙女ゲーとして新たな試みをしたゲームだと思います。
着せ替えることでスチル発生のフラグになるという発想も面白いですし、
なにより3人の声優さんの演技が素晴らしかったです。
流風のチャラい系はとにかく笑ったの一言。
基本的にボイス飛ばしでプレイする私が今年唯一全部ボイスを聞いたのは
彼だけだったかもしれません・・・!

白華の檻 ~緋色の欠片4~

とにかく泣いた。
これでもかってくらい自分の心の琴線に触れた作品。
ただのゲームなのにこんなに考えたのも久しぶりで、
プレイしてよかったなぁと心から思えた作品でした。
時間つぶしで入ったファーストフード店でプレイして、
うっかり大号泣してしまったのも良い思い出(ただの不審者です)。
先日空疎尊を再プレイしましたがやっぱり気持ち悪いくらい泣きました。
なんでしょう。なにがそんなに心の琴線に触れているのか謎です。
ただやっぱり良いシーンを見返すのはいいのですが、
最初からプレイしたいかと考えると戦いのシーンが多いので少し躊躇してしまいます。
戦いのシーンって盛り上がるところなのかもしれないけど、
もっとサクッと終わっていいのよ・・・!と本当に思います。
ただサクッと終わったら終わったであっけないゲームだとも思ってしまいそうなので
乙女ゲーって難しいですよね・・・!

Confidential Money ~300日で3000万ドル稼ぐ方法~

ワクワクしながらプレイできました。
楽しかったの一言です!!
プレイヤーを楽しくさせようという意気込みが伝わってくる作品で
最初から最後まで楽しめたように思います。
1本道のシナリオに沿って各キャラの立場と状況を垣間見ることができたので
金太郎飴感はあったけれども最後までワクワク感はとまりませんでした。
何より各キャラがそれぞれ個性的で笑えて、萌えれたのが楽しかった要因かと。
そして隠しキャラの存在もよかった。
恋愛ゲームと言えども家族の話には涙せずにはいられないというか。
ジーンとする場面もちょこちょこ含まれてたのもよかったです。
でもやっぱり最初から最後までを通して爽快なイメージ。
コンマネさんにはたくさんの笑いと元気を貰いました!

越えざるは紅い花【R18】

最高に面白かったです!!
今年発売されたゲームで全キャラを2周プレイしたゲームは紅花だけだったかと。
再プレイしなければ気が済まないほどでした。
なにが良いかと言われればとにかくシナリオが面白い。
R18でなくても面白いシナリオだと思うのですが、
R18だからこそ面白いシナリオで、
設定のなにからなにまでが素晴らしいの一言。
私の稚拙な言葉では語り尽くせないくらいのゲームでした。
1番好きなのはスレンなんですけれども、なんだかんだで全員好きです。
どのルートもそれぞれ面白い。
でもやっぱりオーリルートはあっても良かったかなと今までも思います。
ナァラがルスに帰って幸せになるエンドもあっても良かったかなと。
最初から最後まで本当に面白いのでこのゲームを未プレイな方には是非オススメしたいです!
私も感想書いてたら再プレイしたくなってきました。
それくらい本当に面白いんですよ-!!と叫びたい。

DIABOLIK LOVERS

なんでこのゲーム発売したの?と言いたくなるようなゲームでした。
マザコンと近親相姦ゲームと私は認識しています。
全年齢でこれはすごい。
奇抜な設定をすればいいってもんじゃない。
ドSな発言をすればいいってもんじゃない。
エロな展開にすればいいってもんじゃない。
と、このゲームについては思うことはたくさん。
しかしながらゲームの出来があまりにクソ過ぎてある意味爽快。
プレイしていくうちにディアラバのクソさに笑えてきて、
いつのまにかディアラバの虜になっている不思議。
ただスバルルートだけは萌えたんです。
他のルートが酷かったからこそスバルだけはなんだか安心できたんです。
酷いものばかりだとちょっと優しくされるだけでコロッと萌えるという、
自分のお手軽さにも笑えますが
プレイしたあとはこれはこれで「ディアラバ」というジャンルのゲームなんだなと
一人で勝手に納得して終わりました。
それにしてもカナトが急にヒステリーになるところがおもしろすぎてですね。
私、何度も爆笑しました。ただのキチガイも冷静にみると面白い。

シノバズセブン 01

シノバズセブンは全部買おうと思っていたのに02を予約し忘れてから
続きを買っていないといういつも通りの適当な私です。
決してつまらなかった訳でもなく、でもどうしても欲しいとも思えず
今日まで来てしまっているような気がします。
1枚3000円を毎月ならたいした出費にならないのですが、
まとめて買うとなると結構な出費ですよね・・・!
ただドラマCDに付属しているゲームとしては十分な出来かと。
でも同じ3000円だと思うとどうしてもスタスカと比べてしまうのが
私の駄目な所だと思います。

車輪の国、向日葵の少女 【男性向】

今年唯一プレイした男性向けエロゲー。
乙女ゲーばかりプレイしているとどうしても飽きがきてしまうのもあり、
少し趣向を変えてプレイしはじめたのが去年のこと。
去年はキャラ達に与えられる義務の重さにプレイの手が止まっていましたが、
今年は意を決して再プレイからのフルコンプしました。
泣きゲーといわれるのが納得なほど泣きました。
このゲーム、全年齢でも発売されていますが、
個人的にはエロなくてよくない?と思ったくらいなので全年齢でも楽しめると思います。
むしろここでエロが入るのか-!って思うこともしばしばだったので。
とにかくそれぞれのキャラがそれぞれの義務を背負い、
道を外しながらもその義務と向き合い、前に進む姿は素晴らしかったです。
乙女ゲーに飽きたな-!って思うときなどには是非!

ガーネット・クレイドル ポータブル ~鍵の姫巫女~

以前から面白いとの評判は聞いていましたが買っていなかった作品。
酔っ払った勢いで買った作品。
結果ものすごく面白かったです。
まず世界観が素敵。ミスターフが素敵。
最初の最初から「これはなにかの伏線?」と思わせるシーンからはじまり、
謎が謎を呼び一体どうゆうことなの!と思いながらプレイした思い出が。
イラスト自体はあまり好みではなかったのですが、
プレイしていくうちにどのキャラも魅力的に思えたのは、
それだけシナリオに引き込まれていったからというのもあると思います。
あとこのゲームの音楽がとにかく良かった!
普段あんまり意識しないのですが
ガネクレの音楽はその世界観をよりリアルに魅せる音楽だったと思います。
どのルートも泣くほどよかったですが、音楽だけでもかなり評価できる作品でした。

恋は校則に縛られない!

とにかくグルグルしましたがフルコンプしたときの達成感はすごかったです。
カスタムドライブの着せ替えシステムと同様のシステムが搭載されていて、
校舎や制服、眼鏡等、キャラをカスタムできるのも楽しかったです。
そして何より奇を衒うことなく、等身大の高校生活を楽しめたかと。
もちろん会長のスキルや朝霧くんの正体にはびっくりさせられましたが、
それでも病んでたり、エロがあったりということなく、
青春っぽいなー!!と思えるようなとにかく爽やかなゲームでした。
プレイした後にゲームしたな-!と思えるゲームも乙女ゲーでは数少ないので
とても満足したゲームでした!
もっと売れてもいいと思います!!ほんとに!!

華アワセ 蛟編

1500円でこのクオリティは素晴らしい。
がっつり華アワセの世界にはまらせて頂きました。
元々花札が好きで、家で彼氏と夜な夜な花札をやっていたような私だったので、
華うつしだけでも1500円払ってもいいと思えるほど面白かったですし
それ以上にキャラ萌えもたくさんあって本当に素晴らしいの一言。
1500円の値段を考えれば是非お気軽に手に取って萌えを補給して貰いたい作品。
ヤンデレは嫌いなのですがなぜか姫空木が大好きな私です。
なので来年の姫空木編が楽しみ。
あとキャラソンも良くて、早くキャラソンが発売されないかと全裸待機中。
分割商法って色々言われますが、
クオリティの高い分割商法の強みってすごいです。
これも2012年総括で書きたいんですけど、あの・・・時間が・・・!

BLACK WOLVES SAGA -Last hope-

今年最後にフルコンプした作品。
エルザルートに萌えが凝縮していた!!
エルザなんなの!!あなた素敵すぎ!!!
全く興味なかったからこそ萌えはじめたらはんぱなかったです。
硬派で周りの事も考えているエルザが男らしくてほんとにもう。
ちなみに狼種ルートのオージェには相変わらず笑わせて頂いて、
狼種ルートのギランには相変わらず萌えさせて頂いて、
やっぱり狼種が好きなんだ!!と思ったLHでした。
TRUE ENDは大号泣でした。
狼種が幸せになれるエンドもあってよかった。ほんと救われた。
BNもLHもプレイしてこそのBWSで胸糞悪い表現も全て享受できるくらい
本当によく出来ていたゲームだと思います。
シナリオで言えばピカイチのゲームだったかと。

という訳で以上下半期にフルコンプした作品は16本。
思ったより少なかったなーというイメージです。
以前フルコンプした本数を37本と書きましたが数え間違いです。
実際は33本でした。数えることもできない酔っ払いですみません・・・!

えー、ちなみにフルコンプしてない作品もいくつか。
とりあえず簡単にフルコンプしてない作品も書いてみようかと。
以下辛口ごめんなさい!と先に謝ってつらつら書いていこうと思います。

【2012年未コンプ作品】

ときめきメモリアル Girl's Side Premium ~3rd Story~

私の鬼門のときメモGS。
プラチナセットを買ったんです。
とにかくプレイして!と周りの皆様に勧められてプレイしたんです!
ニーナルート一周だけ・・・!
頑張ってプレイしたのにニーナエンドに行けなくてフリスビーしただけなんです・・・!
でも1周でもプレイしたことを褒めてもらいたい!!
と、ほんとときメモ好きの皆様すみません・・・!

源狼 GENROH

オトメイトさんの歴史ものがぞくぞくと発売される中、
例にもれず歴史ものとして発売された源狼。
もう源平合戦はいいよ・・・!と思えるくらいの金太郎飴っぷりに辟易したものの
私が実際このゲームをフリスビーしたのには、
空気が読めずにいちゃこらするところでした。
忠信も継信もそこでチューしちゃう訳・・・!と私は呆然。
シナリオ云々といいますか、武士として納得できなかった作品でした。

キミカレ~新学期~

1周目は面白かったんです。
たしかに携帯ゲー特有の途切れるかんじが気になりつつも
等身大の恋愛ゲーム、学園ゲームという意味で楽しめました。
ただ、1周目が終わったらもういいやーと思ったのも本当。
同じような展開を何周もしたいとは思えずフリスビーしました。
もう少しシナリオに波があればよかったのにと思います。

恋戦隊LOVE&PEACE

フリスビーしてはブーメランをした作品なんですが、
1人も攻略できませんでした・・・!
なんだろう、すごくつまらないというか理解できなかった・・・!
プレイする度になぜか苦痛。10分で飽きる。
世間ではパートボイス云々で色々言われてますけど
私はボイス飛ばしなのでパートボイスなのは別によかったんです。
パートボイス以前にシナリオが全く理解できなかったです。
いや、ほんと、最初の最初しかプレイしてないゲームです。

ルーンファクトリー4 【一般】

ルーンプランナーまでプレイしてないので未コンプ作品としてこちらに。
とは言え、めっちゃ面白かったです!!
乙女ゲーマーさんには是非プレイして貰いたい一般ゲーだと思います。
こんなにはまるとは思わず、強く勧めて下さったnarinariさんには感謝しかないですw
萌えという意味では乙女ゲー以上に萌えがあるかと。
周りの乙女ゲーマーの皆さんもこぞってプレイされていて、
みんなでワイワイしたのも良い思い出です。

トリックオアアリス

チェシャのみプレイ済み。
面白い、面白くないというより、内容がなかったという一言に尽きるかと。
それなりのシナリオはあるにしろ萌えには到らずそのままフリスビー中。
でも私、このゲームおかっぱ(シャドウ&ライト)を目当てに
ともこさんからお借りしたんでした!!
おかっぱ党員として彼ら二人だけはプレイしようと思います!
ラ、ラウンドも頑張るよ!!>ともこさん

うたの☆プリンスさまっ♪Debut

これも何度もプレイ止めては再プレイしてるゲーム。
決して嫌いじゃないんですが、酔っ払いに音ゲーは無理という話。
音也、真斗はプレイ済み。
那月でストップ中。
ほんとは翔ちゃんまで頑張って辿りつきたいのに辿りつかない!!
ASが発売されるまでには頑張りたい!!

蝶の毒 華の鎖~幻想夜話~

フリスビーをしたわけではなく、斯波さんのシナリオだけプレイして、
これはもっと腰をすえてプレイしようと思ってそのままになっています。
というのも蝶毒のBADENDの記憶が私の頭の中からスポーン!と消えてまして。
できれば本編を再プレイしてから楽しんだ方が面白いだろうと
あえて現在積んでいる作品です。

図書室のネヴァジスタ

これは完全に合わなかったの一言につきます。
私、この作品の文章の書き方がものすごく合わなくてですね。
とにかく文章がくどい。
プレイヤーがその先のシナリオ展開が読めるのに、その結末に行くまで
何度同じような描写を描けばいいのだろうかとプレイしながら思いました。
たとえばその何度も繰り返すような同じ表現の先に、
プレイヤーが想像できない展開があればよかったのですがそうでもなく。
救われないシナリオでも心に響くところはあったのですが、
文章のくどさにフリスビーしました。

絶対服従命令

ともこさんからお借りしてプレイした作品。
サクサクプレイできるからこそエロばかりでして。
エロがたくさんだとお腹いっぱいになってしまうので
ショタキャラだけ美味しく頂きましたw

Glass Heart Princess

設定からシナリオからシステムから中途半端すぎて、
未だにフルコンプできてない作品。
どうしてこんなに中途半端なのか未だに納得できなくて
フリスビーというより中断している状況です。
しかしならOPは秀逸。
耳に残る曲でオトメイトさんらしくないからこそ
この中途半端なオトメイト感に遠い目をしております・・・!
あと一人なので頑張ってプレイしたいところです。

以上、フルコンプ、未コンプを合わせて44本。
去年と同じくらいゲームしていますが、
今年はフルコンプするように心がけたのもあり、
多くの作品をフルコンプした気がします。

ちなみに今年買ったのにまだ手をつけてない作品が以下の4本。
ひとふた奇譚、ジャンため、大正メビウスライン、ソロモンズリングです。
うしろ二つは最近発売されたものなので今年はそこまで積まずに過ごせたかなと。
この4本は来年にでもプレイできるといいなと思います。

下半期の総評としてはオトメイトさんの歴史ものが
続けざまに発売されたなーという印象。
また、どうしても発売日が重なり、一度にプレイできなかったという
悔しさも残る下半期でした。
もう少し各メーカー毎に発売がばらつくとプレイヤーとしても
プレイしやすいのですが同日に2、3本も発売されると
ゲームへの集中力がなくなってしまうのが、
私自身反省すべきところでした。

とは言え、乙女ゲーを思い切りプレイしたと言ってもいいかなと!

面白いゲームもクソだな-!と思うゲームもありました。
でもどんなゲームでも楽しませて頂いたのが本音です!

なぜならプレイするまでもプレイが終わるまでも、
どの作品もそれぞれ違う形であれどワクワクできたので。

ほんと乙女ゲーって発売されるまでのワクワク感から
プレイしているときのワクワク感まで
どんなクソゲーでも絶対にあるものだなと実感します。

たくさん発売されるからこそ、
たくさんのワクワク感が今年は楽しめたような気がします。

あとは今年度発売したゲームランキングと
2012年総評を今年中にアップしたいと思っています。
年を越したらすみません!

とりあえず頑張って更新します-!!


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。