日々萌々

乙女ゲームとお酒と日常と。
MENU

スポンサーサイト

Posted by 美優 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Princess Arthur 初回プレイ感想

Posted by 美優 on  

おはようございます-!

いつもたくさんの拍手ありがとうございます!

DSC_2305_convert_20130328110601.jpg


本日、Princess Arthur、下天の華、
発売おめでとうございます-!!


一昨日からプリンセスアーサーのプレイをはじめて、
酔っぱらって寝落ちしつつ、現在1人目攻略を終え、2人目の個別ルート中。

いつもの通り、シナリオについてネタバレはしていませんが、
システム、攻略、簡単な感想を書いていこうと思います
少しでもネタバレしたくない方はご注意下さい。
また、前回の記事にも書きましたが、私は前情報を一切なしでプレイしています。
前情報で知っていることなどあるかと思いますが、
その辺りは広い心で読んで下さると有り難いです。



まずシステムから。

寝落ちしつつなので曖昧ですが約8時間ほど。
共通ルートが序章から4章まで。
5章がランスロット、ガウェイン共通、
ガラハッド、モードレッド共通
(トリスタンとマリーンの分岐は未確認)
6章以降が個別ルートになり全部で序章+8章+終章で構成されています。

個人的な感想を述べると共通ルートが長いかと。
個別ルートのみだったら3~4時間で終わると思うので、
うまくセーブをしておけばサクサク終わると思います。
ただしトリスタンとマーリンの分岐がまだ分からないので、
この二人は最初からプレイする必要もあるかもしれません。

システムはいつものオトメイトさん。
操作ボタン等もほぼいつもと同じです。

スチルは以下の通り(差分なし/差分あり)

ストーリー 24/36
ランスロット 18/34
トリスタン 16/30
ガラハッド 16/30
モードレッド 16/30
マーリン 13/29
その他 43/58

スチルなんですが、その他のスチルがやけにおおくて、
おそらくここにボールス、パーシヴァル、メドラウトのスチルがくるのではないかと思います。
(壁紙がこの3人だったので)
1週終わってその他のスチルは1つもオープンしていないので、
攻略キャラ以外のルートもあるのかな?と少し楽しみです。

またスチルの美麗さなんですけれども、
元々このゲームのイラストはあまり好みではないんです。
ただ、プレイしてると格好良く見えてくる不思議・・・!
もちろんキラッキラのスチルという訳ではないと思いますし、
顔と身体のバランスが・・・、と思うところもありますが、
主人公は可愛いし、キャラもカッコイイですしスチルによっては綺麗です。

攻略についてはクロニクルモードがあるので簡単です。
本当にこのモードは攻略が楽で助かります。
共通が長いのでこまめにセーブをしておくことをオススメしますが、
特に王宮探索の前にはセーブを。
私は基本的に共通ルートは全てのキャラの好感度があがるように進めて、
3章の王宮探索にて好感度を調整して、すぐ2人目の攻略に入れました。
一応ご参考までに。

そしてこれが一番大事なシナリオの感想なんですけど、
1人しか終わっていないというのもあり、
まだまだ手探りの状態ですが、思ったことをつらつらと。

まず、いきなり街に住んでいる普通の少女である主人公が王になるというところで、
いろいろと無理な設定がある気がします。
主人公に対する周りの態度から主人公の周りに対する態度など。
ちょっとこれは設定的に無理だと思ったりダメだろう・・・!と思うことはしばしば。

でもこれは乙女ゲーです。

細かい事を気にしたら楽しめないのが乙女ゲーです。
だから私はある程度の無理矢理設定は目をつぶります。

そんな風に目をつぶったところで感想を述べると
共通ルートは主人公が王になろうとしていく姿が面白く、
ホロリとしてしまう部分やワクワクする展開で、
期待していなかった分、このゲーム面白い!と思いました。

ただ、個別ルートはもやもやが残ったのは確かで。

「望まずして王となった少女の恋と戦いのクロニクル」

と書いてあるのになんかちょっと違うというか、なんでしょう・・・!
ネタバレするのであまり書けないのですが、
色々とあっさりしすぎなのと、結局何をメインにしたいのか、
というのがイマイチ分からずに終わりました。

共通ルートが面白かったからこそ消化不良。

でもそれはプレイしたキャラだけかもしれませんし、
他のキャラだったらもっと上記の言葉がしっくりくるのかもしれません。
とは言え、2人目も今のところ同じような流れになりそうで、
私はドキドキしながらプレイしている訳ですが。

でもどんなゲームもフルコンプしてこそ、
そのゲームの面白さが分かると思うので、
フルコンプしてみたいと思います!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。