FC2ブログ

日々萌々

乙女ゲームとお酒と日常と。
MENU

スポンサーサイト

Posted by 美優 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国探偵ミステリア オペラ座の怪事件に行ってきました

Posted by 美優 on  

こんにちは!

いつもブログにたくさんの拍手ありがとうございます!
ノルンの記事には本当にたくさんの拍手を頂き有り難うございました。
先日チマチマとアンケートハガキに要望を書いて送ってみましたが、
少しでも今後のゲーム制作に反映されるといいなと思いつつ、
また新しく発売されるゲームを楽しみにしていきたいと思っています。

さて、今日は6月15日、16日に行われた
「英国探偵ミステリア オペラ座の怪事件」のイベント感想になります。
とは言え、内容的な意味でのレポはあんまりありません。
こんな風に参加して、こんなことを思ったよー的なことなので、
イベント自体のレポは全くしていません。

また、今回辛口なこともかなり書いています。
私自身、英国探偵ミステリアに出演されている声優さんに興味はありませんし、
英国探偵ミステリアというゲームが好きで参加しています。
そんな個人的な目線で書いておりますので、
純粋に楽しかった!と思っている方、出演している声優さんのファンの方は
気分を害される可能性もあると思います。
あくまで私の感想だと思って下さる方だけ読んで下さい。


そんな訳で英国探偵ミステリア オペラ座の怪事件。
私はこのイベントを本当に楽しみにしていました。
後ほど書きますが、このイベントに向けて色々な準備をしていたのもあり、
イベント二日前から楽しみすぎて寝れなかったほどでした。

当日は気合いをいれて朝早くから並びました。
花梨さんのイベントは初めて参加だったのもあり、
どれだけの在庫を用意してくれているのか検討がつきませんでした。
また、今回物販に缶バッチチャームガチャがあり(めちゃくちゃ可愛い!)、
回数制限も5回と設けられていたので周回でガチャできるようにと思いまして。

いや、うん、気合いを入れて早くっていうか、
始発の次の電車で会場行ったんですよ・・・!
自分が必死になっていると、きっと他の方も必死だろうとか
人気あるだろうとか考えて、まるでうたプリのような人気作品のような気がする不思議・・・・!
ええ、完全に勘違いです。
早く着きすぎた感MAXで物販を待つ私たち。

そう、今回、私がミステリアに必死なのを知っているお友達の皆様は、
そこまでミステリアに必死じゃないのに
私が「ジャック!ジャック!ジャックの缶バッチチャーム!!」と
血眼になっているのを知っているので朝早くから一緒に並んで下さってですね。
本当に皆様有り難うございました!

おかげさまで2周くらいは出来るかな-!なんて物販までワイワイしながら待っていました。
とはいえ、早起きのため物販開始前にはすでに疲れ果てて廃人みたいになってましたが。
物販開始が13時だったのでいったい何時間待ってたの・・・!って話です。

そして、物販がはじまったのですがこれがもう最悪でした。

そもそも今回の物販はパンフレット等のいわゆる普通の物販とガチャガチャ。
物販の横にガチャガチャが4台ありました。
私は物販が開始される前に物販とガチャガチャの列は同じなのか係の方に確認しました。
すると、そのときの状況によりますが、
物販→ガチャの流れでガチャをもう1回回したい人は物販列の最後尾に並んで下さいとの事でした。

その時点でそれはおかしいと思って、
様子見で急にガチャ列作ったら物販列に再度並んだ人に不公平になりませんか?と言ったら
分かりました、物販のうしろに皆さん並んで貰うんで。というお話だったんです。

そして物販がはじまり、ガチャを回して物販最後尾へ。
念願のジャックを自力で引くことができて、ジャックフィーバー状態の私だったのですが、
ふと、ガチャの方を見るとなぜかガチャ列ができてる(笑)

物販後だったのでバラバラに並んでいたお友達にガチャ列あるみたいと声をかけて、
ガチャ列に移動したのですが、私たちより後ろに並んでいた方たちが
すでにガチャ2回目を回すところ。

いやいや、おかしいでしょ!話が違うでしょ!とお友達の皆様大激怒。
私はというと、2回目引けるのかな、え、引けなかったらどうしよう。
ジャック!ジャック!ジャック!
と、完全に頭が違うところにいってました。すいません。盲目です。
本気すぎると怒る前に2回目回せるか心配になってました。
これで引けなかった多分私がムキーーーー!!!ってなって
お友達より大激怒してたと思うんですけど
なんとか2回目もガチャを回すことができて一安心。

私がジャック!ジャック!と心配している間も
お友達が私の代わりにずっと怒ってくれてたんですけど、
今回の物販なにが悪かったかというと、
並んでいる列がそもそも何の列かわからない、
最後尾がどこなのかわからない、
それくらい列がぐっちゃぐちゃだったんです。
せめて「ガチャ列最後尾」とか「物販最後尾」とかの
プラカードがあったらよかったんですけど、そんなものは一切なく。
そもそもあんな狭い物販会場で
ガチャと物販を一緒にやろうというのがおかしい気もしますが。

あと、在庫も本当に少なかったかと。
私は初日にしか物販は並ばなかったのですが、
2日目のガチャはものすごく少なかったみたいで。
1日目と2日目で同じ量にする必要はないかもしれませんが、
さすがに日によって差がありすぎかなとも思います。

いや、ほんとここ最近では1番酷い物販でした。

そんな物販を終え、開演までの間は定食屋さんでご飯を食べながらビール!ビール!
物販に対するイライラがみんなすごかったけれども、メインは公演だよね!!
公演楽しもうね!!と気分を入れ替えていざ、会場へ。

会場に到着すると目に着くのがたくさんのスタンド花だったのですが、
今回フォロワーさんと一緒に切り裂きジャック宛にお花を贈らせてもらいました。

それがこちら!

DSC_2583_convert_20130618134625.jpg


上記にこのイベントのために準備してきたと書きましたが、
準備したのがこのスタンド花で。
最初は企画でやろうかとも思ったのですが、
私自身に企画をまとめる力もないので、
一緒にやろう!と賛同してくれたフォロワーの緋蓮さんと2人で贈ることに。

ボードについては徒然(更新頑張れw)のサチさんが快く引き受けて下さって。
私たちの意見を取り入れながらも色々な提案をしてくれて
今回の素敵なボードに仕上がりました!

だって見て下さい!!このジャクエミ!!!!
可愛い!!!!!

DSC_2572_convert_20130618134615.jpg

今回スタンド花を贈るにあたって花梨さんから詳細が全然でなくて、
花梨さんに連絡をとって貰ったり、お花屋さんに相談に乗って貰ったり、
サチさんにその状況を連絡したり、と本当に最後までバタバタで、
それでもジャックらしいお花を贈れたかなと思います。

そしてお花を遠くから見ていたのですが、
私たちが贈ったお花を写メってくれる方がたくさんいてとても嬉しかったです。
サチさんのイラストが素敵なのはもちろんのこと、
みんなジャック好きなんだね!!ジャック素敵だよね!!(盲目)と。
色々大変だったけれども送ってよかったなー!と心底思いました。

そして、念願の公演!!
私たちは1日目5列目2日目4列目という両日なかなかの良席でした。

最初はハドソンの「レディ・ミステリア」からはじまり、
朗読パートからの各キャラソンの流れ。
今回、キャラソンに入っているドラマパートが
そのまま舞台化となるのは知っていたので
この流れについては想像通りだったんですけど、なんでしょう。

公演が終わったあとの私は落胆と共に怒りというか、
もう、なんとも言えない気持ちになっていました。

まず、声優さんの声がキャラの声が違う方がいました。
これはもうフォローもできないのですが、私はミステリアのイベントにきて
ミステリアのキャラとしての声優さんの朗読劇を楽しみにしていたのに、
これはいったい誰の声・・・?となりました。
覚えてないのか調子が悪いのかなんなのか分かりませんが、
これは完全に目を瞑ることができないくらい今でも不満です。

次にたくさんのアドリブによるキャラ崩壊。
アドリブについては賛否両論あると思いますが
私としては、少しのアドリブは見ていて面白いですし、
朗読を間違えてしまうことだってあると思いますし、
そういうフォローの意味でのアドリブは生の演技として面白いなと思います。
けれどもキャラ崩壊させてまでのアドリブは
はっきり言ってその世界観やキャラが好きな人からすれば非常に不快です。
それが確かに笑いになるかもしれないし、面白いかもしれませんが、
今回のイベントについては完全にやりすぎ。
特に二日目は本当にアドリブが多すぎてキャラ崩壊が酷かったです。
キャストさん同士が仲いいのは良いことだと思います。
ただ、今回はミステリアというミュージカルのような朗読劇であり、
やっぱり舞台なんだと思います。
舞台上まで仲良しこよしを取り入れるのははっきり言ってプロとしてどうかと。
イベント後のキャストトーク等でキャラが壊れるのはいいと思うんです。
それは声優さん自身の素の状態で話して頂ければ面白いですし、
みなさんの仲が良いお話しも楽しく聞くことができます。
でも、舞台上でまでそれをやるのはやっぱり違うと思うのですが、
それは私が声優さんファンではないからなんでしょうか。
ちなみに全ての声優さんがキャラ崩壊してまでアドリブをしていた訳ではありません。
キャラ崩壊しないようアドリブをいれず、
真面目に舞台に取り組んでくださっていた声優さんもいらっしゃいました。
だからこそアドリブばかりの方が悪目立ちしてしまったといいますか。
乙女ゲーから派生するイベントって一体なんなんだろうなと思ってしまうほどでした。

次に舞台上がちぐはぐだったと私は思います。
生演奏によるキャラソン。これはこれで素敵だと思います。
気になったのはダンサー。
どうして、ダンサーを入れたのでしょうか。
例えば舞台に合っているダンサーだったらまだ分かるんです。
けれども男役ダンサーと女役ダンサーが白いスーツっぽい姿や白いドレスで踊っていて
はっきり言ってミステリアと合ってなさすぎ。
公演後にお友達と話していたんですけれども、
せめてミステリアらしい衣装にするとかしたらよかったのではないかと思います。
というのもキャラソンを集中して聞きたいのに、いきなりダンサーが出て、
見ないようにしてきても気になって見てしまうんですよね。
もちろんダンサーの皆様のダンスは素晴らしかったと思います。
ただ本当にミステリアの舞台にあのダンスはいらないだろうと。
マープルの曲はダンサーの方が出ず、
マープル役の本多さんが振り付けをつけて可愛く踊ってらっしゃって
見ていてとても楽しかったです。
別に声優さんにダンスを踊って欲しいとも思いませんが、
ダンスが舞台上でものすごく主張されていて、
ミステリアなのにダンス?となってしまいました。

最後にせめて歌詞くらいは覚えてほしいと言いたい。
これは私が普通の声優イベントというものが分からないので、
私の個人的な意見なのかもしれませんが、
せめてキャラソンくらい歌詞覚えて登場するものじゃないんでしょうか。
前の方の席だったこともあり、声優さんたちの目線まで見えてしまっていたのですが、
足下にあるモニターをずっと見ながら歌っている方もいて、
おいおい、カラオケかよwwwwと突っ込みたくなりました。
全部完璧に覚えなくても、チラッと見るくらいにして頂きたいです。
今回イベントはきちんと演技されて、きちんと歌詞まで覚えている方と、
そうでない方との差が本当に酷すぎて。
最後のキャストさんのトークでキャストの皆様が
「本当にこの作品を僕たちみんなが愛していて」と
仰っていましたが、愛しているならご自分のキャラソンも大事にして欲しいと思いながら
私はキャストさんのトークをしらけた目で見てしまいました。
せっかくの舞台が舞台でなくなってしまっていた気がします。

と、つらつらと文句を書いてきましたが、これが私の実際の感想です。
はっきり言って今回のイベントはミュージカルのような朗読劇でもなく、
舞台でもなく、ただのお遊戯会にしか見えませんでした。

これが普通なのかもしれませんが、
私は高いお金を払って声優さんたちの和気藹々した姿を見にいった訳ではなく、
世界観崩壊な舞台を見にいった訳ではなく、
英国探偵ミステリアのイベントに行ったつもりでした。

もちろん私の期待値が高かったのもあるかと思います。
でもここまで公演自体に憤慨したイベントもはじめてでしたし、
ここまでがっかりさせられたのもはじめてでした。

乙女ゲーメーカーとして決して大きくないメーカーのイベントではありますし、
これが限度なのかな、と思う部分もあるのですが、
それでもお金をかけずにもっと良い舞台ができたのではないかと思うんですよね。

鈴木千尋さんがブログにて練習時間が少なかったと書いていましたが、
本当にその通りで、もっと練習したらもう少しマシな舞台になったのではないかと思います。
出演者の皆様が人気でお忙しいのもあると思いますし、
そこまでミステリアのイベントに時間が割けない事情等もあるとは思います。
だったらたくさんの練習を必要としないイベントにすればよかったのではないかと。
変にミュージカルのような朗読劇にしなくても、朗読劇だけでもよかったですし、
朗読劇とキャラソンだけでも良かったですし、
色々なものを詰め込みすぎて、結局どれも中途半端だった感が否めません。

内輪でワイワイやるのも楽しいですが、
やっぱりそれを会社としてやってしまうのは私はどうなのかなとも思いますし、
お客さんを呼んでお金を取っている以上、
全員がプロとして舞台に立って欲しかったと思います。

と、色々愚痴を書いてきましたが、
私は藤原さんの声がちゃんとジャックだったときに

ジャックウウウウウウ!!!!!!!

と1人で感動して涙流しながらキャラソン聞いてましたwwwwwww

色々思うこともありますし、はっきり言って満足できないイベントでしたが、
それでもジャックが3次元に降臨したのは本当に嬉しかったんです。
声優さんがきちんとキャラを演じ、その世界観を大事にするだけで
その作品自体のファンは嬉しいものだと思うんです。
だからこそまたミステリアのイベントがあるときは、
是非ともミステリアの世界観を大事にしたイベントにして欲しいなと思います。

と、最後までジャック盲目で今回の記事は締めたいと思います。

なんだかんだ文句言っても私が英国探偵ミステリアというゲームが好きなのは変わらないので!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。