FC2ブログ

日々萌々

乙女ゲームとお酒と日常と。
MENU

スポンサーサイト

Posted by 美優 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「どうせ」って思うのをやめたい。

Posted by 美優 on  

こんにちは!

いつもブログにたくさんの拍手ありがとうございます!

今日は何を書くというよりかはダラダラと適当に書いていこうと思います。

昨日の記事で自分の乙女ゲーへのテンションが下がっていると書きましたが、
年に何回かくるようなものなので、さほど自分では気にしていないのですが、
テンションが下がっていると悶々と色々なことを考えてしまいます。

なんでこんなに真剣に乙女ゲープレイしてるんだろう、とか。
なんでこんなに乙女ゲー買ってるんだろう、とか。
なんでこんなに乙女ゲーのこと考えて悶々してるんだろう、とか。

ただの趣味なんです。
乙女ゲーって。
なのに、趣味を自分でこじらせてしまっている感があって
乙女ゲーのことを好きになればなるほど、
面白い乙女ゲーをプレイしたいという欲望がむくむくと育って
求めるものの大きさが昔より大きくなってしまいます。

私はブランクがあってから、
緋色の欠片をプレイして乙女ゲーに出戻ってきた人間です。
今も緋色の欠片は好きなゲームの1つですが、
たぶん今のように、週に1本ペースで発売する中で緋色の欠片をプレイしたら
昔のような感動というか、面白さっていうのは感じられないだろうなと思います。

それは年々発売される本数が多くなったから1本1本への完成度が低くなったとか、
乙女ゲーのシナリオが昔より衰退しているからとかではないと思うんです。

少なくとも少し前に比べたら「金太郎飴」という言葉を使うこともなくなりましたし、
乙女ゲーの王道であった「敵がいて戦う」というシナリオも少なくなったように思います。
もちろんその分、キャラやシナリオに対する深さはなくなったかもしれませんが
決して昔より乙女ゲーが酷くなったとは言えないと私は思います。

少しずつではありますが、基本的なシステムだって良くなっていますし、
スチルだって動いたり、背景が動いたり、ボタン1つで着せ替えが出来たり、
プレイしていて進化してる!と感じることも見受けられます。

そう考えると、乙女ゲー自体がどうとかいうよりかは、
そのとき、そのときの乙女ゲーをプレイする環境で楽しさって違うのかなと思います。

15年前にプレイしていたからアンジェリークは楽しくて、
10年前にプレイしていたから金色のコルダは楽しくて、
5年前にプレイしていたから緋色の欠片は楽しかったのかもしれません。

もちろん今アンジェリークプレイしてもめちゃくちゃ楽しいですけどね。
それでも根底にアンジェリークが好きという気持ちがあるからだと思います。
時代の変化に伴い、乙女ゲーも変わっていき、今の乙女ゲーがあると思うんです。

そんな乙女ゲー自体の変化と同時に私の環境の変化によって
自分にとって何が面白くて何が面白くないかというのも変化しているように思います。

まずは年齢。

そりゃあ中学生の私と今の私で面白いと感じることが同じ訳ないですよね。
歳を重ねるということは、色々な経験を重ねることではありますが、
やっぱりどこかで諦めが入るというか。

なんせ中学生の頃の私は少女漫画やドラマを見て
こんな恋愛を高校生になったらするんだ!!なんて夢みる夢子ちゃんでした。
そんな私でも乙女ゲーをプレイしている間は夢見る夢子ちゃんに戻れるようで
このキャラ素敵!!!こんな恋愛素敵!!!金持ちぴぎゃああ!!!とか言ってる訳です。

ただどこかでこんなことあるわけないという冷静な自分がいるんです。

そしてふと現実に戻ったときに「私、何やってんだ・・・」と頭を抱えるのですが。
この現実に戻ったときが本当に辛いです(まさに今)。

そしてお金。

もう、これは本当に大人って嫌!!って自分でも思うんですが、
大人になって自由に使えるお金が増えたことによって、
乙女ゲーの1本の重みがなくなっていったように思います。

1本のゲームもそれなりだったらまぁいいか~と思えてしまうし、
そもそも購入前に公式サイトや雑誌を見ながら吟味するということがありません。
基本的に発表されたら買うだけという。
私の場合、吟味することが面倒なタイプなのもありますが。

自分にとって乙女ゲーの1本の価値ってものすごく低いものなんだなと感じます。

そんなことを考えていると、
最近の乙女ゲーがどうだとかいう気持ちや、
最近の乙女ゲーについての不満や意見なんてたくさんあるんですけど、
まずはその前に自分自身も昔に比べて乙女ゲーに対する考えが変わったなと思います。

それが全て悪いことではなくて、
でもやっぱり私自身が乙女ゲーに対して諦めてしまったりとか、
つまらないなと思ってしまったら、どんなゲームが発売されたとしても
楽しい!って思えないんだろなとふと思いました。

うまく言えないんですけど心の持ちようも大切なのかなと。

どうせこのメーカーは・・・とか、どうせこのディレクターは・・・とか、
言い始めたらキリがないんですけど、
でも買うと決めた以上は「どうせ」という言葉は使わないようにしたいと思います。

本当に最近乙女ゲー楽しいといいな!!!というより、
「どうせ」って思う気持ちの方が強くて。

この状況に年に何回かなるんですけれども、
それをゲームのせいにするのはもちろんアリなんですけど、
まずは自分の心の持ちようで、先入観なしでゲームをはじめたり、
楽しもう!!とまず自分が思う気持ちを忘れないようにしていきたいと思います。

なんせゲームをプレイしている間くらいは夢見る夢子ちゃんで楽しんだ方が、
お金も時間も無駄にならないと思うので、
とことん、自分が楽しめる方法を追求していきたいなと思います。

と、ここまで書いてなんですけど、同じようなことよく私書いてますね。
悶々してるときって書かないと自分の気持ちが消化できなくて、
テンションがあげられなくて、毎度同じことばかり言っててすみません。

そしてそんなことを考えている私は本日藤田麻衣子さんのライブに行ってきます。
最近ずっと藤田麻衣子さんの曲を聴いていました。

今日のブログ記事のことを色々考えたのも麻衣子さんの曲を聴きながら、
緋色をプレイしたときの気持ちを思いだしたからなんです。
あのとき「乙女ゲー面白い!!」「乙女ゲー楽しい!!」って心から思って、
それで乙女ゲーに戻ってきたんです。

だからあのときの気持ちを思い出すべく、
麻衣子さんの曲を堪能すべく、
今日はライブ楽しんでこようと思います!!


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。