日々萌々

乙女ゲームとお酒と日常と。
MENU

スポンサーサイト

Posted by 美優 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々萌々的 2013年新作乙女ゲーランキング

Posted by 美優 on  

こんにちは-!

いつもブログにたくさんの拍手ありがとうございます。
2013年ゲーム感想まとめの記事にもたくさんの拍手有り難うございます!
自分で書き出しておいてなんなんですが、
今年はいっぱいゲームしたなぁと自分で思いました。

今回の記事は前回の記事でも書いたように2013年新作乙女ゲーランキング及び
2013年キャラランキングをしていこうと思います。
あくまでも私がプレイした結果でのランキングですので、
お好きなゲームがランキングに入っていなかったり、
面白いと思わなかったゲームがランキングに入っているかもしれません。
あくまで私個人のランキングとして読んでくださる方のみお進みください。

それではどんどんランキングに行こうと思います。
今年は乙女ゲー仲間のみづちょんさんと飲みに行くたびに
「今年の神7どうする~?」という話をしていまして。
去年はベスト5でランキングをしたのですが、
今年はベスト7でランキングしていきます。
なお、このランキングはあくまで2013年の新作乙女ゲーでランキングしています。
BL、R18乙女ゲー、男性向、移植作品は抜かしておりますのでご了承下さい。

第7位 明治東亰恋伽

この第7位に一番悩みました。
というか、第6位までは決まっていたのですがどうしても第7位が決まらず。
その中でも手軽に萌え転がれて、キャラ萌えも出来た作品として
めいこいを今年の第7位にしたいと思います。
携帯ゲーからの移植作品ですが、コンシューマとしては今年新作ということで。
感想まとめにも書きましたが「嫉妬萌え」は萌え転がれるということを
知ったのがこの作品で、私に新たな萌えを教えてくれた作品でした。
続編がでるとのことで、また鏡花ちゃんにごろんごろんできればいいなと思います。

第6位 ドウセイカレシ Butterfly Gloss

このゲームについて語り始めると止まらなくなりそうなんですが、
ドウセイカレシシリーズ、世間の評判は分かりませんが私はかなり好きな作品です。
というのはまずこんなにリアリティを感じられる乙女ゲーはないということ。
乙女ゲーってキラキラしていて、攻略キャラ一筋が当たり前なのに関わらず
綺麗ごとだけではなく恋愛の嫌な部分も描いているところが
他の乙女ゲーでは見られないので面白いなぁと思います。
もちろんこんなこと現実にあるわけないよ!!という部分も多々あるのですが、
彼氏から浮気相手に乗り換えたときの罪悪感が本当にすごい。
揺れる主人公、流される主人公に共感はしないながらも
ゲームだからこその納得できる部分がありました。
また、なんと言ってもこのゲームの攻略が難しいですし、そこが面白いです。
ノベルゲーのゲーム性は好感度が分かればゲーム性なんてないようなもので、
でも好感度が分からないからこそ何度も何度もやり直すというのは
ノベルゲー独自のゲーム性だと思います。
どうやったら幸せになれるの・・・!と地団駄踏みながらグルグルするのは
大変ではあるものの、ゲームとして作品を楽しむことが出来ました。
攻略をアップしておいてなんですが、
このゲームは攻略を見ないでプレイするのをオススメします。
どうしてももう無理!となるまで頑張ってみて下さい。
そうすればたぶんこのゲームの見方が変わってくるんじゃないかな、と思います。
ちなみにButterfly Glossの方が好きなのはキャラ萌えもありますが、
こちらの作品の方が全体的にしっくりまとまっていたように感じました。

第5位 白華の檻 ~緋色の欠片4~ 四季の詩

冬のアテルイルートと智則ルートだけで第5位にランキングできる程面白かったです。
白華の檻のFDにあたるのですが、
その後のストーリーである「春」のシナリオなんて霞んでしまうほど
「冬」のルートに力をいれて作成されていたように思います。
もちろん彼らとのその後も気になっていた気持ちもありますが、
私は智則の救済ルートがどうしても欲しくて、
彼にはどうしても幸せになって欲しいと思っていたので、
今作で智則のシナリオをここまでしっかり書いてもらえたのは本当に嬉しかったです。
欲を言えば「春」も頑張って欲しかったのですが、
ただ甘いだけじゃないFDには非常に好感がもてました。

第4位 花咲くまにまに

今年後半にプレイしてこれは面白い!!とランキングに入れざるを得なかった作品。
下半期感想で少し書いたのですが、
最近のゲームは初回プレイが5時間ほどで終わってしまう作品も多く、
そんな乙女ゲーの中で初回プレイ11時間、フルコンプまでに40時間を要したゲームとして
とにかくそのボリュームだけでも最近ではなかなか見ない作品でした。
もちろんボリュームが多いだけではなく、非常に丁寧に作られていて、
主人公がキャラのことを好きになった過程もとても分かりやすかったです。
だからこそプレイヤーの私自身もキャラに好感を持つことができ、
ぐいぐいと花まにの世界に引き込まれたように思います。
ネタバレしてしまうので詳しいことはかけないのがもどかしいのですが、
幕末という時代背景で彼らがどのように生きたかというのは分かってはいるものの、
私は涙なしにはプレイ出来ませんでした。

第3位 OZMAFIA!!

この辺りからもう想像のつくランキングだと思いますが(笑)
今年第3位はオズマフィアです!
下半期感想に書きましたが本当にこの作品のエピローグからグランドエンドの流れが好きです。
もし途中で積んでいる方がいらっしゃったら、是非最後まで!!と声を大にして言いたいです。
フルコンプをするとまた違う感想があると思います。
それにしてもこのゲームのエンドロールを見ると
本当に少ない人数で制作されていたのが分かります。
延期した作品ではありましたが少ない人数でこれだけのクオリティの作品を作ってくれると
プレイヤーとして今後も応援したくなってしまいます。
オズマフィアは現在キャラソンも展開していますし、スピンオフで漫画も連載されていますし、
来年もまだまだ展開があると信じてやみませんし、これからも応援していこうと思います!

第2位 英国探偵ミステリア

第2位ではありますが、今年出会えて1番良かったと思えた作品です。
花梨さんのゲームは絶対迷宮グリムを少しプレイしたことあるだけで、
私の中ではあまり合わないかな、と思っていたメーカーさんでもありました。
そんな中、とりあえず乙女ゲーが発売されたら買うと言う
節操ない買い方をしている自分にグッジョブを送りたいくらい
期待していなかった分良い意味で裏切られ、
むしろこんなに面白いゲームに出会えたことに興奮しました。
ミステリアの何が面白いかと聞かれると全部!と答えてしまうくらいなのですが、
攻略キャラ、サブキャラを含めた全てのキャラを好きになれる作品で、
前半はキャラ達がワイワイ事件を解決していくシナリオですが、
後半の個別ルートに入るとキャラに萌えつつ、
どんどんそのシナリオに引き込まれていきました。
それぞれのルートが良く作り込まれていることはもちろん
ここまで読み進めながらワクワクするゲームに出会えることはなく、
ゲームが終わってしまうことが残念で仕方ないと思えました。
来年続編もしくはFDが出ることを一番期待している作品です!
是非また彼らと一緒にワイワイしたいです。

第1位 青春はじめました!

バグがあったに関わらず、今年第1位は青春はじめました!です。
シナリオだけで言えば、文句なしでダントツで面白かったです。
高校生の彼らが恋に友情に悩んだり、
家族関係に悩んだり、将来に悩んだりしながら、
成長していく姿を涙なしにはプレイできませんでした。
彼らの当たり前の日常にそれぞれのドラマがあって、
いい歳した大人が友情っていいな、恋愛っていいなと思えました。
はっきり言えば、彼らの甘酸っぱさは自分がどこかに忘れてきてしまったものでもあり、
また自分もこんな高校生時代を送りたかったものでもあり、
彼らのキラキラした毎日が懐かしくも羨ましくもありました。
攻略キャラが男女合わせて9人いるのに関わらず、
各ルート、とても丁寧に書かれていてこれでもかと思うほどボリュームがあり、
好きになる過程どころか、読んでいるこっちがもどかしくなるほどで、
だからこそハッピーエンドになったときの嬉しさはこのゲームが1番でした。
発売当初はバグがありましたが、パッチも配布されているので、
バグ云々で躊躇されている方はパッチをあてて是非に!!と声を大にして言いたいです。
私自身バグで攻略出来なかったり、ヤキモキしましたが、
バグがあってもフルコンプしたいと思える程、
ゲーム自体は本当に面白い作品でした。
きっとプレイすれば青春部の全員好きになれると思います!

以上、日々萌々的今年発売された乙女ゲーランキングでした。
ブログを読んで下さっている方からすれば
なんの驚きもないランキングだったかと思いますが
こうやってランキングにすると、
やっぱり今年は青はじのバグが一番もったいないと思わざるを得ません。
あと青はじは値段設定かなと。
限定版で1万越え、アニメイト限定版、ステラセットにすると1万2千円を超えたので、
前評判なしにプレイするには手を出しにくい価格だったと思います。
プレイをすると限定版を買って良かった!と絶対思えるのですが。
だからと言って、青はじが分割で売られたとしても
それでちょっと違うかなと思うので、乙女ゲーの売り方は難しいなと思いました。

なお、BL、R18、同人ゲー、移植作品を含めて考えると、
今年1番面白かったのはファタモルガーナの館です。
これはもうノベルゲーとして他の追随を許さないほどダントツでした。
上記で乙女ゲーのランキングをしてシナリオ云々語ってますけど、
乙女ゲーのシナリオなんて善し悪しなんて
このゲームの前ではどれも同じになってしまうくらい、
シナリオが面白いってこういうゲームだろうと思える作品でしたし、
今年はファタモルに出会えて良かったなと思いました。
何度もオススメしててうざいくらいなんですが、
本当に是非に!とオススメしておきます。

さて、次は今年私の心を奪ったキャラランキングです。
こちらも既存キャラではなく今年発売されたゲームのみでランキングしています。
もう、ここからは真面目に書きません。
ただのキャラ萌えぴぎゃー!!!という単に私が叫んでるだけなので
温かい目で見守って下さると嬉しいです。

第5位

剣が君

鈴懸(剣が君)

天使です!!!!!ただの天使!!!!!!
リジェットのゲームに天使がいるとは思わず、
天使降臨ぴぎゃああああ!!!!!とツイッターで萌え転がったのはつい最近のことです。
鈴懸の純粋さを信じられず、
もしかしたらこの子は最後の最後でヤンデレ化するかもしれないと疑って
本当にすみませんでした。
だってリジェットのゲームにこんな純粋無垢な子がいるなんて!!
今年最後にこんな萌えキャラと出会えると思わずでした。

第4位

twicon_09.jpg

ヴァレンタイン(Si-Nis-Kanto)

攻略キャラでもなくてサブキャラです。
サブキャラなのにヴァレンタインがでてくる度に心が躍りました!
ZENCAの幹部で綺麗なものが大好きで、飄々としていて、掴めないキャラなのですが、
ZENCAのこと、カルロのことを大事にしているのは
行動や言葉の節々から読み取れるので飄々としながらも熱い男なのがまたツボでした。
マフィア同士の抗争が起きればヴァレンタインが死んだらどうしよう!!!!!と
ハラハラしてカルマキどこいった状態だった私です。
ヴァレンタインのルートがほしいとかそんなことは考えていません!!!!!
ヴァレンタインはZENCAの幹部としてそこにいれば私は幸せです・・・・!!!!


第3位

青春はじめました!

熱海理人(青春はじめました!)

はっきり言いましょう。見た目がめっちゃタイプです!!
第一印象から決めてました!!!
プレイ前から好きで最終的には私の期待を裏切らなかった理人ですが、
理人のルートでは理人おおおお!!!お前いい加減にしろおおお!!!!と怒ったりして、
それなのにやっぱり理人好きいいいいい!!!!!!ぎゃー!!!ごろんごろん!!!!!と
コロッと結局理人に転がされて終わりました。
理人って冷静沈着に見えて、一番心の中で色んな感情が渦巻いている気がするし、
一番子供っぽい感情を持っている気がします。
そういう思春期特有のアンバランスにヤキモキしながらも、
嫌いになれなかったどころかそんな理人だから余計に好きになりました。
理人ルートの12月からラストまでの流れは何度プレイしても泣きます・・!!!!

第2位

banner490-51.jpg

アルファーニ(OZMAFIA!!)

ただの天使です!!!!!!!
アルファーニと書いて天使と読むと信じてます。
ポニパチェのブログにアルファーニちゃんが出てくる度に
まじアルファーニちゃん天使すぎてつらい・・・とため息がでるほど。
はっきり言えばアルファーニちゃんはただの変態ですが天使です。
いいですか、何度も言います。ただの天使です。
と、私もたいがいアルファーニちゃんについては頭おかしいんですが、
そもそもアルファーニちゃんの元ネタは幸福の王子で、
元ネタを絡めて娼館のキャラを考えると
アルファーニちゃんのその献身っぷりに涙せずにはいられないというか、
彼は人が幸せになってくれることが彼の幸せなんですよ!!!!!!
まじ天使!!!!!!!!!!と思えます。
今年は天使と出会えて幸せでした・・・・!!!

第1位

jack.png

ジャック(英国探偵ミステリア)

ジャックウウウウウウウウ!!!!!!と今年は何度叫んだでしょうか。
もう分からないくらいジャックに心奪われてました。
ジャック自体も好きなんですが、ジャックルートも大好きで。
幸せになって欲しいと心から思ったジャックは
自分のことを喋ったり、自分の気持ちを表現するのが苦手で、
そんなジャックがどんどん心を開いていく姿、
欲しいものを欲しいと言えるようになっていく姿には
涙なしにプレイできませんでした。
そしてジャックのキャラソンの「おやすみメランコリア」を聞いては
涙を浮かべてしまうくらいジャックには感情移入していました。
上記にも書きましたが私は来年、ミステリアのさらなる展開があると信じてやまないので
ジャックとまた出会えるのを全力で待っていたいと思います!!

というわけで、テンション高かったり真面目に書いてしまったり、
なんだか本当にただ単に萌えを吐き出したかっただけのキャラランキングでした。
誰特ランキングなんだろうと書きながら思ってたんですけど、
今年のゲームランキングしてるのにキャラの名前を書いてしまう
この人(ともこさん)よりかはマシかなと思ってこのままアップしようと思います。

余談ですが私の好きなキャラ属性は「おかっぱ」と「金持ち」なんですが、
今年はそれに加えて「変態」も加えた方がいいんじゃね?とお友達と話したりするほど、
好きになるキャラに変なキャラが多いという年でした。
私からしてみれてば誰がなんといおうとみんな天使のようなキャラなんですけどね!!
来年からは好きなキャラは「おかっぱ」「金持ち」「天使」にしようと思います!!
そして来年もたくさんの天使に出会えればいいなと思います!!

そんな訳で日々萌々的2013年乙女ゲーランキングでした。
予想通りの結果だったと思いますが、楽しんで頂ければ幸いです。

ラスト、今年の総評を今からガーッと書いていきます!!
年内に、夜には、アップできればと思いますので
そちらも最後にお付き合い頂ければと思います-!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。