FC2ブログ

日々萌々

乙女ゲームとお酒と日常と。
MENU

スポンサーサイト

Posted by 美優 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PSP版】 プリンスPiaキャロット フルコンプ感想

Posted by 美優 on  

こんにちは-!

先日はブログにたくさんの拍手有り難うございました。
とくに前触れもなく再開したのに関わらずたくさん訪問していただいて本当に嬉しかったです。
温かい言葉をかけて下さった皆様も本当に有り難うございます!
ツイッターの方で久々にお話させて頂けた方もいて楽しかったです!

今日は前回ブログ更新時にゲットしたプリンスpiaキャロットの感想をつらつら書いていこうと思います。
まず、プレイが終わっての感想としては純粋におもしろかったです。
ちょっぴりぶっ飛んでる設定もありましたが、
基本的にカフェでウェイトレスとして働いていく中で恋愛に発展するというベタな展開で、
まるで高校生の恋愛を描いた少女漫画を読んでいるような感覚でした。
それぞれのキャラもプレイの最初から魅力的だと思えるキャラばかりで、
このキャラとはどんな恋愛をするんだろうと
プレイを進めていくのがとても楽しかったです。

そんなプリpiaの感想は追記より。
ネタバレを含みますのでご注意下さい。


さて、いつものように簡単にキャラ別感想から書いていきたいと思います。
プレイした順になっています。

【山内舞人】

『プリンスPiaキャロット』応援中!

性格が歪んでる自称ドMのドS。
付き合うまでが長くて、主人公が想いをぶつけても
はぐらかされてはヤキモキしていたのですが、
舞人が他のキャラに嫉妬してる姿にはニヤニヤがとまりませんでした。
ただ二人になるとイチャコラがすぐ始まったり、
縛ったり、クリームつけられたりしてしまうので
このゲームがCERO Dになっているのは絶対に舞人のせいだと思います。
最終的にそんな舞人にいかについていけるか、何をされても嫌とは言わないかというのが
舞人自身の愛情をはかるものさしになっていたので、正直面倒くさい男だなと思いました。
でもひどい扱いの中で見せる優しさのギャップ具合がちょうどよく
コロコロ転がされるのも悪くないなと思う自分もいました。

【立花心路】

『プリンスPiaキャロット』応援中!

プレイ序盤は主人公の同級生で元気な男の子というイメージで、
あんまり好きなタイプじゃないな~と思っていました。
シナリオを読み進めていくうちに心路の境遇や最後のオチはなんとなくわかってしまうのですが、
それでも心路の今までの苦悩や葛藤は深く、
その苦悩や葛藤があったからこその心路なんだという
ありきたりな展開でありきたりな流れなんですけれども
なんだかホロリと涙してしまいました。
記憶をなくしてからの心路の方が人間らしく元気なだけの心路ではなく私は好きでした。
ただやっぱり林さんとの関係は中盤から予測できたことだったので、
記憶を取り戻した方がハッピーエンドなのかもしれません。
でもなんだか心路にとってみればどのエンドもきっと彼にとっては
すべてハッピーエンドなんじゃないかなと思える話でとてもほっこりしました。

【的場大地】

『プリンスPiaキャロット』応援中!

無骨な男がデレるとすごいと中盤までものすっごく萌えに萌えたんですが、
無骨な男がデレすぎると怖いと最終的には思いました(笑)
高校生時代の事故をずっと引きずっていて、その責任感からか病んでいくのですが
主人公に対する依存がすごすぎて、付き合うまでの大地からのギャップにびっくりしました。
ただこのルートの主人公はなんとか大地のことを前向きにさせようと頑張っていたので
病んでいるキャラがあまり好きではない私でも途中で嫌にならずに大地を応援しながらプレイできました。
エピローグのハッピーエンドまでの流れはそういう展開になるとはわかっていたものの、
あまりにも展開が早いというか都合が良すぎて苦笑してしまいました。
でも最終的に大地が前向きになれて良かったです。

【鈴城瞬】

『プリンスPiaキャロット』応援中!

ツンがデレると最強。付き合うまでの間がベタなのに萌えました。
独り言のようにボソッと瞬が台詞をいうのですが、それがもう!!
瞬に興味がない主人公に対して瞬がどんどん興味を持っていく展開がとても良かったです。
ただ付き合ってからの展開が最初の印象と少し違うというか
親との確執や兄との確執の中で彼がとった行動がとても子供らしく、
もっと冷静で大人っぽいキャラだと思っていたので最初の印象とのギャップがありました。
ただ、大人っぽく見える瞬も高校生なので高校生ならではの展開だったのかなと思うと、
等身大の瞬が可愛く見えてしまう不思議・・・!
PC版には後日談がつくそうですが、後日談が一番見たいのは瞬です。
障害がなくなった二人の甘い展開を期待しています。

【木ノ下久遠】

『プリンスPiaキャロット』応援中!

ダメな大人かと思いきやしっかりしていました。
舞人がかなりきわどい展開だったので店長も大人だからこそ際どい展開になるかなと思っていましたが、
節度をもった大人の行動をしていて、高校生がこんな大人な男性と付き合ったら
もう絶対同年代の男の子とは付き合えないだろうな~と思ってしまいました。
ただ店長ルートは終わり方が寂しいというか、店長は前向きに昔からの夢をかなえますが、
他のキャラたちがみんなバラバラになってしまったのがなんだかとても寂しかったです。
最後まで売り上げ達成ができない仕様のエンドだったからこそかもしれませんが、
せっかく格好いい店長だからこそラストは完全なハッピーエンドにしてほしかったです。

【等々力嵐士】

『プリンスPiaキャロット』応援中!

とにかく明るくて人を引きつける魅力がある嵐士。行動力も抜群。
ただあまりにも嵐士が明るくて前向きなせいか、
恋愛禁止の芸能界にいってしまったらどうしようと
悩み続けている主人公がうじうじしていたのが気になりました。
でもそれ以上にびっくりしたのが最後の展開というか、
実は一国の王の血を引いてました-!というとんでも展開で
それはちょっと設定に無理があるだろうと思いました。
嵐士ルートだけいろいろぶっ飛びすぎ。
ただなんかそんなドタバタコメディも嵐士らしいというか、この人について行くといろいろなことが起こるけど
きっと楽しい毎日になるだろうな~と思いました。
なにより最初から最後まで嵐士のキャラが変わらなかったのがよかったです。
恋愛に対しても初心者の割には大胆だったりして明るい嵐士とのギャップが良かったです。

以上、感想をだらだらと書きましたが、
最終的に好きなキャラランキングをつけるのであれば

嵐士→瞬→舞人→久遠→大地→心路

かな、と。
嵐士の性格がとにかく好きで、一緒にいて楽しいと思える人って素敵だなと思います。
僅差で瞬なんですけど、大人になった瞬には嵐士と違う意味でずっと翻弄されそうです。
舞人は言わずもがなずっと玩具にされ続けるんだろうな~と。
でもそれでも良いと思えるキャラでした。

システムはPSPにしてはスキップも早くて快適でした。
プロローグからはじまり6月30日から7月20日までが共通ルート。
その後21日以降個別ルートになります。
個別ルートはどのキャラも付き合ってからの話だったので共通ルートで付き合うまでが楽しめて、
個別ルートで付き合ってからの展開も楽しめたのはキャラに近づいていける感じがしてとても良かったです。
ただパラメーター管理があるPC版と同様な内容になるからか1日1日がもっさりしていました。
特に朝と夜。おそらくここにパラメーター管理が入ると思うのですがPSPの方では削って欲しかったなぁと。
あとpiaキャロットシリーズではおなじみのようですが、制服の変化があります。
ティラミスとマカロンと選べて雰囲気が変わるので、見た目の変化も楽しめますが
その分のスチル差分回収が面倒だなと思いました。
ちなみにスチルは各キャラ差分なし9枚、久遠のみ4枚でした。
各キャラとも個別ルートの方にスチルが多かったのでどのルートもスチルを見る楽しみがあったように思います。

最後に総評というか、今の私の気持ちをつらつらと書くと
個人的にこのゲーム好きです。かなり好きです。
ニヤニヤ萌え転がれたし、キャラ全員大好きです。
シチュエーションCDが発売されると知って小躍りするくらい好きです。
で、なにがこんなに私にツボったのかな~と考えるとこのゲーム、とにかく「普通」なんですよね。
たしかに設定がぶっとんでるとこはあったし、展開が早いところはあったにしろ、
女子高生の主人公がウェイトレスとして働いて、同じバイト仲間や店長と恋をする。
そこに特別ななにかはなく、知り合って、仲良くなって、気になって、
好きになって、付き合って、壁にぶつかりながらも頑張っていくという
本当によくある展開で、どこかでみかけたことがある展開、先が読める展開ばかり。
それでもこういう当たり前の流れがなんだか少し懐かしさを感じさせてくれ、
またよくある展開だからこそガッカリすることなく安心してプレイできる作品だったと思います。

今の乙女ゲーは設定等にとてもこだわっていて、そのゲームの世界観があるものが多いような気がします。
そんな中でただ単に普通の女子高生が恋愛するゲームは逆に新鮮でとても面白かったです。

シチュエーションCDとPC版の後日談、今から楽しみにしています!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。